古代建築 専制王権と世界宗教の時代

古代建築 専制王権と世界宗教の時代

著者名 中川 武
溝口 明則
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年10月
判型・装丁 四六 188×128 / 上製
ページ数 272ページ
ISBN 978-4-621-30316-0
Cコード 0052
NDCコード 523
ジャンル 土木・建築 >  建築

内容紹介

 本書では地中海から東アジアにおよぶ古代文明とその宗教建築の揺籃期から確立期までの変遷を扱う。ピラミッドやジグラト、ギリシア神殿、仏教寺院、ヒンドゥー教寺院、天子の宮殿などの建築造形とその根底にある古代的思惟を探り、宗教、王権、建築の相互作用を解き明かす。

 

目次

序 文 

第一章 専制王権の成立と建築の誕生

1 新石器時代と初期文明の建築的断層
2 群小国家時代の宗教と専制国家の宗教
3 古代専制国家の成立と建築の誕生

第二章 建築の記念性の成立 

1 巨大施設をどのようにつくるか
2 恒久性の確保
3 記念碑的形状の基調
 3・1 造形の対称性と方位観
 3・2 古代エジプトの四方位
 3・3 メソポタミアの方位観
 3・4 古代インドの方位観
 3・5 古代中国の方位観
 3・6 四方位の発生と古代世界
4 初期文明の王権と宗教建築の始原

第三章 世界帝国と世界宗教 建築の展開 

1 世界宗教へ
2 世界宗教の成立と建築の変遷
 2・1 エジプトと西アジア
 2・2 地中海
 2・3 南アジア
 2・4 東アジア
 2・5 イスラム
3 古代建築の記念性の展開

終 章 古代の国家・宗教・建築の変遷 

 注

 あとがき 

索引

関連商品

定価:本体3,200円+税
在庫:在庫あり