道路政策の変遷

道路政策の変遷

発行元 日本道路協会
発行年月日 2018年04月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 668ページ
ISBN 978-4-88950-135-3
Cコード 2051
ジャンル 土木・建築
土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

本書は公益社団法人日本道路協会が、平成26 年3 月に『道路の長期計画』として発刊したものを改訂いたしました。
今回の改訂で、平成26 年3 月の発刊以降の法改正や制度・基準の動き、第4 次社会資本整備重点計画、平成29 年8 月の道路分科会建議、主要な道路施策の項目を追補し、新たに『道路政策の変遷』として発刊いたしました。
本書が関係者に広く活用され、道路政策の企画・立案のための基礎資料となることが期待されます。

目次

1.概説
2.明治維新から戦後にかけての道路整備
3.道路に関する制度・基準の変遷
4.我が国の道路網体系
5.長期計画等の概要と変遷
6.自動車輸送の進展と道路交通情勢
7.主要な施策の変遷
8.長期的な政策の立案手法に関する現状と方向性

定価:本体2,000円+税