物理化学II 第2版

物理化学II 第2版

熱力学・速度論
著者名 池上 雄作
岩泉 正基
手老 省三
発行元 丸善出版
発行年月日 1996年12月
判型 A5 210×148
ページ数 222ページ
ISBN 978-4-621-04271-7
Cコード 3343
ジャンル 化学・化学工学 >  物理化学

内容紹介

「わかる物理化学」を目指して書かれており,基礎的な事柄から系統的に説明.第2版では各章末に演習問題を掲載し,実際に問題を解きさらに理解を深めることができるよう工夫を凝らしている.

目次

1 気体の性質
 1・1 理想気体と温度
 1・2 混合気体と分圧
 1・3 非理想気体
 1・4 気体の液化と臨界現象
 1・5 気体の分子運動と圧力
2 熱力学第一法則
 2・1 熱と仕事
 2・2 熱力学第一法則
 2・3 気体の体積変化と仕事
3 熱量と熱力学
 3・1 熱容量とエンタルピー
 3・2 物質の変化とエンタルピー
 3・3 熱測定
 3・4 エンタルピー値と物質の構造
4 熱力学第二法則
 4・1 可逆過程と非可逆過程
 4・2 熱力学第二法則
 4・3 エントロピー
 4・4 いろいろな状態変化とエントロピー
 4・5 熱力学第三法則とエントロピー
 4・6 乱雑さとエントロピー
5 自由エネルギーと純物質の相平衡
 5・1 Gibbsの自由エネルギー
 5・2 標準生成自由エネルギー
 5・3 純物質の相の安定性
 5・4 蒸気圧の温度による変化
 5・5 純物質の相移転
6 化学平衡
 6・1 平衡定数
 6・2 化学ポテンシャルとGibbsエネルギー
 6・3 平衡定数とGibbsエネルギー
 6・4 自発変化の方向に対する温度の効果
7 溶液と多相平衡
 7・1 溶液ー蒸気の平衡
 7・2 希薄溶液の性質
 7・3 溶液と固相の二成分系平衡
 7・4 非理想溶液
8 熱力学と分子論
 8・1 Boltzmann分布
 8・2 分配関数
9 化学反応速度論
 9・1 化学変化の速度
 9・2 反応速度の測定法
 9・3 反応の次数と分子数
 9・4 基本的速度式
 9・5 複合反応
10 反応の速度論的理解
 10.1 反応速度に及ぼす温度の影響:Arrheniusの式
 10.2 反応座標とエネルギー
 10.3 気体反応の衝突説
 10.4 遷移状態理論
 10.5 溶液内の反応
 10.6 触媒反応
 10.7 酵素反応

関連商品

定価:本体2,500円+税
在庫:お問い合わせください