分析試料前処理ハンドブック

分析試料前処理ハンドブック

著者名 中村 洋 監修
菊谷 典久 編集委員
藤原 祺多夫 編集委員
古野  正浩 編集委員
発行元 丸善出版
発行年月日 2003年01月
判型 A5 210×148
ページ数 1082ページ
ISBN 978-4-621-08780-0
Cコード 3043
ジャンル 化学・化学工学

内容紹介

あらゆる実験者・技術者が知っておきたい前処理法の種類や使用する原理を解説し、さまざまな試料に応用できる力が養える。繁用される試料分析例における前処理の実際、日進月歩の前処理技術・器材についての最新動向も漏らさず記載。

目次

1 総論
 1.1 はじめに
 1.2 分析と前処理
 1.3 試料の前処理における留意点
 1.4 低分子化合物分析用の前処理
 1.5 高分子有機化合物分析用の前処理
 1.6 おわりに
2 試料前処理法の基礎
 2.1 試料の選び方
 2.2 水・溶媒の選び方
 2.3 標準物質
 2.4 実験器具の選び方
 2.5 実験室・環境の整備
 2.6 分析値の信頼性
3 試料の前処理に利用されるさまざまな原理
 3.1 機械的な前処理
 3.2 物理的な前処理
 3.3 化学的な前処理
 3.4 生体試料の前処理
 3.5 分離分析法を利用する前処理
4 分析法に使用される試料の前処理
 4.1 組成分析のための分子スペクトル分析法
 4.2 構造解析のための分子スペクトル分析法
 4.3 元素分析・原子スペクトル分析法
 4.4 表面分析法
 4.5 電気化学分析法・化学センサー
 4.6 熱分析と放射化学分析
 4.7 顕微鏡
 4.8 クロマトグラフィーおよび関連分析法
 4.9 電気泳動
 4.10 生物学的分析法  
5 試料ごとの前処理法
 5.1 生体試料
 5.2 医薬品試料
 5.3 香粧品試料
 5.4 食品試料
 5.5 水試料
 5.6 大気試料
 5.7 自動車・排出ガス
 5.8 土壌・底質試料
 5.9 岩石試料
 5.10 香料
 5.11 天然高分子
 5.12 有機合成高分子
 5.13 電子材料
 5.14 半導体・プロセス材料
 5.15 鉄鋼材料
 5.16 非鉄金属材料
 5.17 セラミックス
 5.18 ガラス試料
 5.19 セメント・無機試料
6 最新の前処理技術
 6.1 高速溶媒抽出法
 6.2 turbulent-flow chromatography
 6.3 固相マイクロ抽出(SPME)
 6.4 スターバー抽出
 6.5 前処理ロボット
 6.6 マイクロウェーブ装置
付録
 1 SI単位
 2 物理定数
 3 溶媒強度・混合表
 4 前処理の参考になるホームページ
 5 製品取扱い一覧表
 6 会社連絡先一覧

関連商品

定価:本体25,000円+税
在庫:お問い合わせください