ゆらぎと相転移

ゆらぎと相転移

著者名 宮下 精二
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年05月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 182ページ
ISBN 978-4-621-30296-5
Cコード 3042

内容紹介

2016年4月号から2017年3月号までのパリティ連載講座「相転移ことはじめ」の単行本化。

物理学やその周辺の科学において普遍的で重要な概念「相転移」を,「ゆらぎ」に注目しながら平易に解説します。おもに磁性体を例にとり,ゆらぎと相転移の初等的なところから,コスタリッツ-サウレス相転移や量子相転移などの話題まで,相転移のいろいろな側面を紹介します。

相転移とは何なのか,どのようにおもしろい現象が現れるのか。相転移のしくみや多様性を多面的にみつめることで追究します。

 

目次

第1章相転移とは何か
第2章ミクロなパラメータ変化によるマクロな特異的変化
第3章相転移のミクロなしくみと統計力学
第4章イジング模型
第5章平均場近似
第6章臨界現象とスケーリング則
第7章くりこみ群
第8章臨界現象のユニバーサリティクラス
第9章多様な相転移I:コスタリッツ–サウレス相転移
第10章多様な相転移II:フラストレーション系
第11章多様な相転移III:三角格子反強磁性イジング模型
第12章多様な相転移IV:連続スピン系でのフラストレーション
第13章多様な相転移V:スピンクロスオーバー系
第14章多様な相転移IV:量子相転移

定価:本体2,400円+税
在庫:在庫あり