第4版 現代界面コロイド化学の基礎

第4版 現代界面コロイド化学の基礎

原理・応用・測定ソリューション
著者名 公益社団法人 日本化学会
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年05月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 548ページ
ISBN 978-4-621-30291-0
Cコード 3043
NDCコード 431
付属品 なし
ジャンル 化学・化学工学 >  物理化学 >  液晶・界面・コロイド

内容紹介

1997年の初版発行以来、界面・コロイドの分野に新しく加わる技術者・研究者をはじめとして、大学院学生から専門家にいたるまで幅広い読者層に役立つと定評のある入門書の9年振りの全面改訂版。化粧品、食品、洗剤などに代表されるコロイド化学と、あらゆる物質が対象となる界面化学の基礎をじっくりと解説。応用面では既存技術を丁寧に、医薬・バイオ・電子・電池分野の先端技術を興味深く、さらに最新の測定法のキーポイントを解説。今次改訂では、とくに分子会合性ゲル、ファットゲル、ミクロゲル、ナノゲル、ゲルアクチュエーターなどのゲル関連項目、微粒子の調製法、有機微粒子、ナノ有機結晶、高分子微粒子、ハイブリッド微粒子、界面粒子制御などの微粒子関連項目、TEM、SEM、3DTEM、AFMなどの電子顕微鏡関連項目を追加し、さらにDDS、抗血栓材料、燃料電池などの先端技術は全面改訂した。

目次

1章 基本概念と熱力学
1.1 知っておきたいコロイドと界面化学の基礎
1.2 コロイドと界面――界面活性と熱力学
1.3  固体表面での現象
1.4 界面電気現象
2章 界面活性剤――構造,物性,機能
2.1 界面活性剤の構造と機能
2.2 自己組織化と相図
2.3 洗浄剤
2.4 乳化・分散機能
2.5 食品の乳化・分散機能
2.6 医薬品の製剤化機能
3章 ゲル――材料,性質,機能
3.1 ゲルとは
3.2 材料と応用
4章 微粒子・分散――材料化と機能
4.1 微粒子の化学
4.2 無機微粒子
4.3 有機微粒子
4.4 微粒子の特殊な機能と性状
4.5 薬剤微粒子
4.6 分散系の応用
5章 固体界面――デザイン化と機能
5.1 固体表面の化学
5.2 触媒表面のナノファブリケーション
5.3 電極機能
5.4 金属界面の制御
5.5 半導体・電子材料界面の構築
5.6 界面制御・エネルギーと環境への応用
5.7 界面粒子制御 
6章 動的・静的界面――すべり・摩擦・接着
6.1 動的表面・界面張力
6.2 レオロジー
6.3 トライボロジー
6.4 接着剤・バインダー
7章 分子の組織化――原子・分子・ナノ粒子の配列
7.1 原子の配列
7.2 分子の配列
7.3 ナノスケールの配列
7.4 粒子の配列
7.5 ナノポア材料の作成法と機能
7.6 生体の機能
8章 測定手法
8.1 顕微鏡による表面の解析とその原理
8.2 X線および放射光による表面解析法
8.3 散乱光による解析法
8.4 分光法による薄膜表面解析
8.5  その他の表面評価法
8.6 その他 
9章 極限環境のコロイド
9.1 超臨界
9.2 微小重力・超重力
9.3 超磁場
9.4 磁化水

定価:本体5,400円+税