日中戦争開戦後の文学場

日中戦争開戦後の文学場

報告/芸術/戦場
著者名 松本 和也
発行元 神奈川大学出版会
発行年月日 2018年03月
判型 四六 188×128
ページ数 398ページ
ISBN 978-4-906279-13-5
Cコード 3095
ジャンル 人文科学 >  歴史学
人文科学 >  芸術・芸能
文芸

内容紹介

昭和十二年七月七日の日中戦争開戦以降、主にはその直接的・間接的な影響によって、文学者・文学作品・トピック・その他関連する文学活動にどのような展開(変化)が生じたのか、日中戦争を関数とする時局がどのように関わったのか、また、その帰結としてどのような新たな問題が生じたのかなどについて、文学場の特徴がよく示されたと思しき複数の切り口から検証。本書はそういった一連の問題系を、主には当時の新聞・雑誌上の文学関連言説の、あたう限り広範な調査・分析に即して、言及された限りにおける文学者の言動や作品、評価軸の変動について論じる。

目次

第I部 報告―従軍する文学者/現地報告の眼 
           第1章 吉川 英治・第2章 岸田 國士・第3章 尾崎 士郎
第II部 芸術―戦時下の芸術/時局へのフィアクション 
           第4章 川端 康成・第5章 岡本かの子・第6章 井伏 鱒二
第III部 戦場―描かれた戦場/銃後の受容
        第7章・第8章 火野 葦平・第9章 日比野 士朗

定価:本体3,800円+税
在庫:在庫あり