続・人類と感染症の歴史

続・人類と感染症の歴史

新たな恐怖に備える
著者名 加藤 茂孝
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年05月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 242ページ
ISBN 978-4-621-30294-1
Cコード 0047
NDCコード 493
ジャンル 医学・薬学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  感染症・AIDS
医学・薬学 >  医学一般 >  医学読み物

内容紹介

死に至る病がすぐそこにある。……といわれてもなかなか想像がつかないかもしれない。しかし、2014年には「エボラウイルス病(エボラ出血熱)」によって西アフリカを中心に1万人を超える人が亡くなり、日本国内でも感染の疑いのありといわれて緊張が走る瞬間があった。また、「梅毒」として報告された患者数は調査が始まって以来最多となっている。実は感染症は案外身近に潜んでいて、人間のすきを狙っているのかもしれない。

本書では前作とは異なる、現代日本でも身近な8つの感染症について、どのように感染症が発生したのか、広がる感染症に医療や行政がどのような対策をしてきたのかをひもとく。好評だった医学や生物学の専門知識がなくても読み進められる語り口はそのままに、知っておきたい感染症の知識が詰め込まれている。

目次

1.2013年夏
2.HIV/AIDS―チンパンジーから入った20世紀の病
3.ハンセン病―苦難の歴史を背負って
4.狂犬病―パスツールがワクチン開発
5.マラリア―ツタンカーメンも感染、パナマ運河開通の遅れ
6.梅毒―コロンブスの土産、ペニシリンの恩恵
7.コレラ―激しい脱水症状
8.エボラウイルス病―コウモリ由来の病?
9.SARSとMERS―コロナウイルスによる重症呼吸器疾患
10.常に備えを― 進歩する医学、しかし感染症は絶えない

関連商品

定価:本体2,200円+税
在庫:お問い合わせください