あめいろぐホスピタリスト

あめいろぐホスピタリスト

“Ameilog” book on hospitalist
著者名 反田 篤志 監修
石山 貴章
野木 真将
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年03月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 232ページ
ISBN 978-4-621-30278-1
Cコード 3047
NDCコード 493
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  内科学一般
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  総合診療医学・プライマリケア医学
医学・薬学 >  医学一般 >  医学読み物

内容紹介

「あめいろぐ」シリーズ第2弾は「ホスピタリスト」編です!

 

病院内総合医 

ホスピタリスト

って,知ってますか?

 

アメリカでは今,雨後の筍のごとく,ホスピタリストが増殖しています.

 

病棟急性期の入院患者を一手に引き受け,内科全般をバランスよく診療し管理する仕事.

しかもアメリカでは,

 「基本,外来がない(?)」

 「基本,シフトワーク(?)」

 「基本,7days on/7days off(?)」

だそうです.

 

そんなこと,日本ではムリと思う前に,ホスピタリストによって

 「医療の質」

 「患者満足度」

 「医師の働き方」

が様変わりするとしたら…,

今こそ,求められる「次の一手」なのかもしれません.

目次

1章  なぜ,今ホスピタリストなのか?
2章  血栓症
3章  アルコール関連
4章  肺 炎
5章  尿路感染症
6章  せん妄
7章  入院後の血糖マネジメント
8章  周術期管理
9章  老年ケア
10章   緩和ケア
11章   医原性トラブルの予防と対処法
12章   ホスピタリストが知っておくべき医療の質
13章   院内感染症の防ぎ方
14章  ホスピタリストが身につけるべき「非臨床スキル」

関連商品

定価:本体3,500円+税

▼ 補足資料