衛生動物をめぐる生物学

衛生動物をめぐる生物学

著者名 芳賀 英吾 監修
発行元 アドスリー
発行年月日 2017年12月
判型 B6 182×128
ページ数 104ページ
ISBN 978-4-904419-71-7
Cコード 1045
ジャンル 生物・生命科学

内容紹介

病原体を運んでヒトに病気を感染させる衛生的被害をはじめ、精神的被害、都市機能被害、経済的被害などを及ぼし、駆除の対象となる「衛生動物」について、駆除の対象である「敵」を知ることを重視し、調査資料や研究データを中心に、生息地、生態などの生物学的な側面から、やさしい解説を試みました。

目次

【第1章 衛生害虫を知る(小松 謙之)】:衛生害虫とは/ゴキブリ類の特徴/ゴキブリ類の成長と繁殖/ゴキブリ類の害および健康に与える影響/日本で見られるおもなゴキブリ種/カ類の特徴/日本で見られるおもなカの種類/ハエ類の特徴/ハエのヒトに及ぼす害および健康に与える影響/日本で見られるおもな大型のハエ/日本で見られるおもな小型のハエ(コバエ類)/ダニ類の特徴/ダニ類の成長と繁殖/ダニ類がヒトに及ぼす害および健康に与える影響/日本で見られるおもなダニ類
【第2章 家ネズミを知る(小松 謙之、斎藤 徹)】:家ネズミとは/ネズミの解剖・生理/ネズミの繁殖/ドブネズミ/クマネズミ/ハツカネズミ

定価:本体1,600円+税
在庫:在庫あり