Fisch 中耳・側頭骨手術と画像診断法

Fisch 中耳・側頭骨手術と画像診断法

鼓室形成術、乳突削開術、アブミ骨手術
著者名 Ugo Fisch
John S. May
Thomas Linder
林 賢
発行元 丸善プラネット
発行年月日 2015年07月
判型 B5 257×182
ページ数 408ページ
ISBN 978-4-86345-255-8
Cコード 3047
NDCコード 657
ジャンル 医学・薬学 >  臨床医学・外科系 >  眼科学・耳鼻咽喉学

内容紹介

側頭骨外科手術の礎を築いたFisch教授による耳科手術の理論と手技を、多数の図版を用いて詳細に解説。この分野における最も標準的な参考書。さまざまな手術手技の各段階をイラストで詳細に説明している。さらに、それぞれの手術テクニックの原理を説明し、また、多数の術前術後の高分解能CT画像を掲載して手術計画や予後の経過について解説している。耳科手術に携わる全ての術者にとっての基本の書であり、「安全かつ確実な手術」を行うための必読書。

目次

Part1 鼓室形成術<鼓室形成術/鼓膜形成術と外耳道形成術/耳小骨形成術/鼓室形成術の特殊な適応> Part2 乳突削開術 Mastoidectomy<乳突削開術Mastoidectomy と上鼓室開放術Epitympanectomy/乳突削開術> Part3 アブミ骨手術<アブミ骨手術/アブミ骨手術の適応拡大について> Part4 側頭骨手術の画像診断<従来型CT と多断面再構成法を用いた高分解能CTによる側頭骨解剖の比較検討/鼓室形成術と乳突削開術に対する画像解析/アブミ骨手術に対する画像診断/ルールとヒント> Part5 Appendix

定価:本体18,000円+税
在庫:在庫あり