中国・台湾・香港映画のなかの日本

中国・台湾・香港映画のなかの日本

著者名 林 ひふみ
発行元 明治大学出版会
発行年月日 2012年04月
判型 四六 188×128
ページ数 292ページ
ISBN 978-4-906811-02-1
Cコード 1374
ジャンル 人文科学 >  哲学・思想 >  美学

内容紹介

陳凱歌、張芸謀、侯孝賢、楊徳昌、王家衛‥…。中国、台湾、香港出身で、20世紀末の国際映画祭を席巻した監督たちは、いずれも戦後生まれながら、例外なく日中戦争のトラウマを作品に映し出していた。 そして21世紀。中国の馮小剛、台湾の魏徳聖が生み出した記録的大ヒット作のクライマックスシーンで日本語の歌が流れ、観客の心を癒した。 日本と中国語圏の近現代史を映画によって読み直す。

目次

プロローグ 中国語映画に響く日本語の歌
第一章 中国戦争映画の「日本鬼子(リーベングイズ)」
第二章 台湾映画の日本家屋という亡霊
第三章 香港映画の「荒唐無稽」な日本
第四章 中国映画と高倉健
第五章 台湾映画と「別れの手紙」
エピローグ 映画が癒す戦争のトラウマ
参考文献
中国・台湾・香港映画邦題/原題対照表
中国・台湾・香港映画関係年表
索引

関連商品

定価:本体2,000円+税
在庫:在庫あり