道路橋示方書 I共通編・IV下部構造編 同解説 H24

道路橋示方書 I共通編・IV下部構造編 同解説 H24

発行元 日本道路協会
発行年月日 2012年04月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 670ページ
ISBN 978-4-88950-267-1
Cコード 2051
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

道路における橋梁は,「橋,高架の道路等の技術基準」(都市局長,道路局長通達)に基づいて設計・施工されています。今般,地震等の各種災害を踏まえた対応や維持管理に関する内容の充実等の改定が,国土交通省から関係機関あてに通達されたところです。新基準は原則,平成24年度以降の設計に適用されることとされており,当協会橋梁委員会では,新基準に定める内容を適切かつ効率的に実施していくため,設計・施工関係者の理解と判断に資するべく,解説書を改訂したものです。

目次

Ⅳ下部構造編
1章 総則
2章 調査
3章 設計の基本
4章 許容応力度
5章 部材の照査
6章 耐久性の検討
7章 鉄筋コンクリート部材の構造細目
8章 橋脚、橋台、フーチング及び橋台背面アプローチ部の設計
9章 基礎の安定に関する基本事項
10章 直接基礎の設計
11章 ケーソン基礎の設計
12章 杭基礎の設計
13章 鋼管矢板基礎の設計
14章 地中連続壁基礎の設計
15章 深礎基礎の設計
16章 施工に関する一般事項
17章 ケーソン基礎の施工
18章 既製杭基礎の施工
19章 場所打ち杭基礎の施工
20章 鋼管矢板基礎の施工
21章 地中連続壁基礎の施工
22章 深礎基礎の施工
参考資料

定価:本体7,800円+税