道路土工-仮設構造物工指針

道路土工-仮設構造物工指針

発行元 日本道路協会
発行年月日 1999年03月
判型・装丁 A5 210×148
ページ数 378ページ
ISBN 978-4-88950-411-8
Cコード 2051
NDCコード 514
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  道路・交通工学

内容紹介

昭和52年に初版が出版され、同62年に改訂された「道路土工―擁壁・カルバート・仮設構造物工指針」を、その後の道路建設事業を取り巻く状況の変化に対応するとともに、新たな知見を取り入れて見直し、3分冊化した上で、本書を刊行した。主な改訂点は、①掘削深さの適用範囲を30mまで拡大した、②鋼管矢板壁、柱列式連続壁、地中連続壁等の高剛性の壁体の設計・施工法を記述した、③従来の慣用法による設計に加え、新たに弾塑性性法による設計法を記述した、こと等。

目次

1.総論
2.設計
3.施工

定価:本体5,800円+税