電気化学的防食工法 設計施工指針(案)

電気化学的防食工法 設計施工指針(案)

著者名 コンクリート委員会 電気化学的補修工法研究小委員会(委員長 宮川 豊章) 編集
発行元 土木学会
発行年月日 2001年11月
判型 A4 297×210
ページ数 290ページ
ISBN 978-4-8106-0272-2
Cコード 3051
NDCコード 511
ジャンル 土木・建築 >  土木 >  土木一般

内容紹介

本指針は,電気防食工法,脱塩工法,再アルカリ化工法,電着工法の4つの工法を包括した性能照査設計に対応可能な指針となっています.コンクリート標準示方書[維持管理編]における鋼材腐食を伴う既設コンクリート構造物の補修工法として,また,[施工編]における新設コンクリート構造物の耐久性向上工法として適用する場合の調査・診断から設計,施工および維持管理までを合理的かつ適正に行うための標準を示しました. さらに,付属資料として,現在の維持管理の現状と問題点,今後のこの分野に望まれる技術的課題についてもアンケート結果として取りまとめております. 設計・維持管理業務に携わる技術者はもちろんのこと,耐久性や維持管理技術の研究者にとって有益な内容となっています.

目次

1章 総則
2章 電気化学的防食工法の特徴
3章 電気化学的某直工法の選定
4章 電気化学的防食工法の適用の基本
5章 電気化学的防食工法特有の材料および機器
6章 電気化学的防食工法の施工
7章 設計・施工の記録
8章 適用後の維持管理
9章 維持管理記録

関連商品

定価:本体2,800円+税
在庫:お問い合わせください