強いAI・弱いAI

強いAI・弱いAI

研究者に聞く人工知能の実像
著者名 鳥海 不二夫
発行元 丸善出版
発行年月日 2017年10月
判型 四六 188×128
ページ数 274ページ
ISBN 978-4-621-30179-1
Cコード 0055
NDCコード 548
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
数学・統計学 >  確率・統計 >  機械学習・人工知能
電気・電子・情報工学 >  情報・コンピュータ >  機械学習・人工知能

内容紹介

テレビ・雑誌などのメディアが人工知能(AI)を取り上げる機会が増え、人工知能・AIがブームとなり話題になっているといえる。多くの企業が人工知能を製品・サービスに採用し、少しずつ私たちの生活の中に人工知能が進出しはじめている。 人工知能から、「ドラえもん」「鉄腕アトム」といった意識・自我を有した知的で万能な存在を想像するかもしれないが、実際の人工知能の現在の段階では、特定のことができる便利な道具といったレベルのもの。 本書は、そのようにSF作品などに登場する、意識や自我を有した人工知能を「強いAI」、現在実際に存在する人工知能を「弱いAI」とし、その違いを理解するため、人工知能研究の第一線で活躍する9名の研究者へ行ったインタビュー集をまとめた一冊。「強いAI」「弱いAI」いずれも様々な視点があるため、各研究者がそれぞれの考えを述べて解説している。

目次

チューリングの手のひらの上で 話し手・松原仁
次のブレークスルーのために 話し手・山田誠二
強いAIの前に弱いAIでできること 話し手・松尾豊
汎用人工知能と真の対話エージェント 話し手・東中竜一郎
人工知能が将棋を指したいと思う日 話し手・羽生善治
脳と自動運転 話し手・我妻広明
全脳アーキテクチャ――汎用人工知能の実現 山川宏
大人のAI・子どものAI 話し手・栗原聡
強いAIとは何か 話し手・中島秀之

定価:本体1,800円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料