トートラ人体解剖生理学 原書10版

トートラ人体解剖生理学 原書10版

原書名 Introduction to The Human Body
著者名 佐伯 由香 編集、翻訳
細谷 安彦 編集、翻訳
高橋 研一 編集、翻訳
桑木 共之 編集、翻訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2017年01月
判型・装丁 B5 257×182 / 並製
ページ数 688ページ
ISBN 978-4-621-30069-5
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学 >  基礎医学 >  解剖学・生理学
看護・介護・リハビリ >  基礎看護

内容紹介

ヒトのからだを単なる部品の寄せ集めではなく全体として理解できるよう工夫。「よくみられる病気」、「臨床関連事項」、「クリティカルシンキングの応用」も更に充実。これにより学習した解剖生理学の知識を疾患や臨床に結びつけ、応用力を養えるよう構成。 医療職者がヒトのからだを理解することは重要だが、直接みえないものの理解は難しい。人体解剖により通常では直接みえない筋肉や内臓の構造、神経や血管の走行を理解できても、各器官の連携は頭の中で知識を整理し統合しなければならない。本書は、その知識の整理と統合が容易にできるよう、簡潔にわかりやすく記載。イラストはカラーでわかりやすいのはもちろん、各解剖図が全体のどの部分を示し、どの方向からみた図なのかわかるようになっており、初めてみる図でも容易に理解できる。各系統器官の働きの解説だけでなく、ホメオスタシス(恒常性)の維持への関わり、他の器官との連携についても記載。

目次

Chapter1 人体の成り立ち
1.1 解剖学と生理学の定義
1.2 人体構造の階層性と人体を構成する系
1.3 生命プロセス
1.4 ホメオスタシス:正常範囲内での維持
  ホメオスタシスの調節:フィードバックシステム(ネガティブフィードバックシステム / ポジティブフィードバックシステム)
  ホメオスタシスと疾患
1.5 加齢とホメオスタシス
1.6 解剖学用語
  からだの部位の名称
  方向を表す用語
  平面と断面
1.7 体 腔
  腹骨盤九領域と腹骨盤四領域
 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter2 化学概説
2.1 化学の概要
   元素と原子
   イオン、分子、化合物
   化学結合(イオン結合 / 共有結合 / 水素結合)
   化学反応(合成反応 / 分解反応 / 交換反応 / 可逆反応)
2.2 化合物と生命過程
   無機化合物(水 / 無機の酸、塩基、および塩/酸-塩基平衡:pHの概念 / pHを維持する:緩衝系)
   有機化合物(糖質(炭水化物) / 脂質 / タンパク質 / 酵素 / 核酸:デオキシリボ核酸(DNA)とリボ核酸(RNA) / アデノシン三リン酸)
 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter3 細 胞
3.1 細胞の概観
3.2 細胞膜
3.3 細胞膜を通過する輸送
   受動過程(拡散:その原理 / 浸透)
   能動過程(能動輸送 / 小胞による輸送)
3.4 細胞質
   サイトゾル
   細胞小器官(中心体 / 線毛と鞭毛 / リボソーム / 小胞体 / ゴルジ装置 / リソソーム / ペルオキシソーム / プロテアソーム / ミトコンドリア)
3.5 核
3.6 遺伝子の働き:タンパク質の合成
   転写
   翻訳
3.7 体細胞分裂
   分裂間期
   分裂期(核の分裂:有糸分裂 / 細胞質の分裂:細胞体分裂)
3.8 細胞の多様性
3.9 加齢と細胞
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter4 組 織
4.1 組織の分類
4.2 上皮組織
   上皮組織の一般的特徴
   上皮組織の分類
   腺上皮
4.3 結合組織
   結合組織の一般的特徴
   結合組織の細胞
   結合組織の細胞外マトリクス(基質 / 線維)
   結合組織の分類(疎性結合組織 / 密線維性結合組織 / 軟骨 / 骨組織 / 液性結合組織)
4.4 膜
   粘膜
   漿膜
   滑膜
4.5 筋組織
4.6 神経組織
4.7 組織修復:ホメオスタシスを回復する
4.8 加齢と組織
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter5 外皮系
5.1 皮 膚
   皮膚の構造
   表皮
   真皮
   皮膚の色
   刺青とボディピアス
5.2 皮膚付属器の構造
   毛
   腺(脂腺 / 汗腺 / 耳道腺)
   爪
5.3 皮膚の機能
5.4 加齢と外皮系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter6 骨格系
6.1 骨と骨格系の働き
6.2 骨の形
6.3 骨の構造
   肉眼レベルでの骨の構造
   顕微鏡レベルでの骨の構造(緻密質の組織 / 海綿質の組織)
6.4 骨形成
   胚子や胎児で起る最初の骨形成(膜内骨化 / 軟骨内骨化)
   骨の長さと太さの成長(長さの成長 / 太さの成長)
   骨のリモデリング(再構築)
   骨折
   骨の成長とリモデリングに影響を与える要因
   カルシウムのホメオスタシスにおける骨の役割
6.5 運動と骨
6.6 骨格系の分類
6.7 頭蓋と舌骨
   頭蓋にだけみられる構造(縫合 / 副鼻腔 / 泉門)
   舌骨
6.8 脊 柱
   脊柱の部位
   脊柱の正常な彎曲
   椎骨
6.9 胸 郭
   胸骨
   肋骨
6.10 上肢帯
   鎖骨
   肩甲骨
6.11 自由上肢骨
6.12 下肢帯
6.13 自由下肢骨
6.14 女性骨格と男性骨格の比較
6.15 加齢と骨格系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter7 骨の連結
7.1 骨の連結の分類
7.2 線維性の連結
7.3 軟骨性の連結
7.4 滑膜性の連結
   滑膜性の連結の構造
7.5 滑膜性の連結における運動の種類
   滑り
   角運動
   回旋
   特殊運動
7.6 滑膜性の連結の種類
7.7 加齢と関節
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter8 筋 系
8.1 筋組織の概観
   筋組織の種類
   筋組織の機能
8.2 骨格筋組織
   結合組織性要素
   神経と血液供給
   組織構造
8.3 骨格筋の収縮と弛緩
   神経筋接合部
   筋フィラメントの滑り機構
   筋収縮の生理機序
   弛緩
   筋緊張
8.4 骨格筋組織の物質代謝
   収縮に必要なエネルギー
   筋疲労
   運動後の酸素消費
8.5 筋張力の調節
   単収縮
   刺激の頻度
   運動単位の動員
   骨格筋線維の種類
8.6 運動と骨格筋組織
8.7 心筋組織
8.8 平滑筋組織
8.9 加齢と筋組織
8.10 骨格筋はどのようにして運動を起すか
   起始と停止
   筋群の作用
8.11 主要な骨格筋
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter9 神経組織
9.1 神経系の概観
   神経系の構成(中枢神経系 / 末梢神経系)
   神経系の機能
9.2 神経系の組織学
   ニューロン(ニューロンの構成要素 / ニューロンの分類)
   グリア細胞(神経膠細胞)
   髄鞘化
   神経組織の集合(神経細胞体の集合体 / 軸索束 / 灰白質と白質)
9.3 活動電位
   イオンチャネル
   静止膜電位
   活動電位の発生
   神経インパルスの伝導
9.4 シナプス伝達
   化学シナプスのしくみ
   神経伝達物質
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter10 中枢神経系、脊髄神経と脳神経
10.1 脊髄の構造
   保護と被膜:脊柱管と髄膜
   脊髄の肉眼解剖学
   脊髄の内部構造
10.2 脊髄神経
   脊髄神経の被膜
   脊髄神経の分布(神経叢 / 肋間神経)
10.3 脊髄の機能
10.4 脳
   主要部位と保護被膜
   脳の血液供給と血液脳関門
   脳脊髄液
   脳幹(延髄 / 橋 / 中脳 / 網様体
   間脳(視床 / 視床下部 / 松果体)
   小脳
   大脳(大脳辺縁系 / 大脳皮質の機能的区分 / 体性感覚経路と体性運動経路 / 大脳半球の機能分化 / 記憶 / 脳電図)
10.5 脳神経
10.6 加齢と神経系
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter11 自律神経系
11.1 体性神経系と自律神経系との比較
11.2 自律神経系の構造
   解剖学的構成
   交感神経系組織
   副交感神経系組織
11.3 自律神経系の機能
   自律神経系の神経伝達物質
   自律神経系の活動(交感神経活動 / 副交感神経活動)
 よくみられる病気 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter12 体性感覚と特殊感覚
12.1 感覚の概観
   感覚の定義
   感覚の特徴
   感覚受容器の種類
12.2 体性感覚
   触覚(接触の感覚(狭義の触覚) / 圧覚 / 振動覚 / かゆみとくすぐったい感覚)
   温度感覚
   痛覚
   固有感覚
12.3 特殊感覚
12.4 嗅覚:においの感覚
   嗅上皮の構造
   嗅覚受容器の刺激
   嗅覚伝導路
12.5 味覚:味の感覚
   味蕾の構造
   味覚受容器(味細胞)の刺激
   味覚伝導路
12.6 視 覚
   眼の付属器官
   眼球壁の層構造(眼球線維膜 / 眼球血管膜 / 網膜)
   眼球の内部
   結像と両眼視(光の屈折 / 遠近調節 / 瞳孔の縮小(縮瞳) / 輻輳)
   光受容細胞の刺激
   視覚伝導路
12.7 聴覚と平衡感覚
   耳の構造(外耳 / 中耳 / 内耳)
   聴覚の生理学
   聴覚伝導路
   平衡感覚の生理学(静的平衡 / 動的平衡)
   平衡感覚の伝導路
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter13 内分泌系
13.1 序 論
13.2 ホルモン作用
   標的細胞とホルモン受容体
   ホルモンの化学
   ホルモン作用のメカニズム(脂溶性ホルモンの作用 / 水溶性ホルモンの作用)
   ホルモン分泌の制御
13.3 視床下部と下垂体
   下垂体前葉ホルモン(ヒト成長ホルモンとインスリン様成長因子 / 甲状腺刺激ホルモン / 卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモン / プロラクチン / 副腎皮質刺激ホルモン / メラノサイト刺激ホルモン)
   下垂体後葉ホルモン(オキシトシン / 抗利尿ホルモン)
13.4 甲状腺
   甲状腺ホルモンの作用
   甲状腺ホルモンの分泌調節
   カルシトニン
13.5 副甲状腺
13.6 膵 島
   グルカゴンとインスリンの作用
13.7 副 腎
   副腎皮質ホルモン(ミネラルコルチコイド / グルココルチコイド / アンドロゲン)
   副腎髄質ホルモン
13.8 卵巣と精巣
13.9 松果体
13.10 その他のホルモン
   その他の内分泌組織および器官から分泌されるホルモン
   プロスタグランジンとロイコトリエン
13.11 ストレス反応
13.12 加齢と内分泌腺
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter14 心臓血管系:血液
14.1 血液の機能
14.2 血液の成分
   血 漿
   血球成分(血球成分の産生 / 赤血球 / 赤血球の寿命 / 白血球 / 血小板)
14.3 止 血
   血管の攣縮
   血小板血栓の形成
   血液凝固(血餅の退縮および血管修復)
   止血の調節機構
   血管内血液凝固
14.4 血液型分類と血液型
   ABO式血液型
   Rh式血液型
   輸血
   輸血のための血液の血液型判定と交差試験
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter15 心臓血管系:心臓
15.1 心臓の構造と構成
   心臓の位置と心臓を包む膜
   心臓の壁
   心臓の部屋(区画)
   心臓の大血管
   心臓の弁
15.2 心臓内の血液の流れと心臓への血液供給
   心臓内の血流
   心臓への血液供給
15.3 心臓の刺激伝導系
15.4 心電図
15.5 心周期
   心音
15.6 心拍出量
   一回拍出量の調節
   心拍数の調節(自律神経系による心拍数の調節 / 心拍数の化学的調節 / 心拍数調節に関与するその他の因子)
15.7 運動と心臓
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter16 心臓血管系:血管と循環
16.1 血管の構造と機能
   動脈と細動脈
   毛細血管(毛細血管の構造 / 毛細血管での物質交換)
   細静脈と静脈(細静脈と静脈の構造)
16.2 血管内の血流
   血圧
   血管抵抗
   静脈還流
   血圧と血流の調節(心臓血管中枢の役割 / ホルモンによる血圧と血流の調節)
16.3 循環路
   体循環
   肺循環
   肝門脈循環
   胎児循環
16.4 循環検査
   脈拍
   血圧測定
16.5 加齢と心臓血管系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter17 リンパ系と免疫
17.1 リンパ系
   リンパ管とリンパ循環
   リンパ器官とリンパ組織(胸腺 / リンパ節 / 脾臓 / リンパ小節)
17.2 自然免疫
   一次防衛線:皮膚および粘膜
   二次防衛線:体内の防御(抗菌物質 / 食細胞とナチュラルキラー細胞 / 炎症 / 発熱)
17.3 獲得免疫
   T細胞とB細胞の成熟
   獲得免疫のタイプ
   クローン選択:原理
   抗原と抗体
   抗原の処理と提示
   T細胞と細胞媒介性免疫(侵入者の排除)
   B細胞と抗体媒介性免疫
   免疫学的記憶(一次応答と二次応答 / 自然獲得免疫と人為的な獲得免疫)
17.4 加齢と免疫系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter18 呼吸器系
18.1 呼吸器系の器官
   鼻
   咽頭
   喉頭
   発声の構造
   気管
   気管支と細気管支
   肺(肺胞)
18.2 換 気
   吸息筋と呼息筋
   呼吸中の圧の変化
   肺気量分画と肺容量
   呼吸パターンと修飾された呼吸運動
18.3 酸素と二酸化炭素の交換
   外呼吸:肺におけるガス交換
   内呼吸:全身におけるガス交換
18.4 酸素と二酸化炭素の運搬
   酸素の運搬
   二酸化炭素の運搬
18.5 呼吸調節
   呼吸中枢(延髄呼吸中枢 / 橋呼吸グループ)
   呼吸中枢の調節(呼吸への大脳皮質の影響 / 化学受容器による呼吸調節 / 呼吸に及ぼすほかの影響)
18.6 運動と呼吸器系
18.7 加齢と呼吸器系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter19 消化器系
19.1 消化器系の概観
19.2 消化管の管壁と腹膜
19.3 口(口腔)
   舌
   唾液腺
   歯
   口腔内での消化
19.4 咽頭と食道
19.5 胃
   胃の構造
   胃における消化と吸収
19.6 膵 臓
   膵臓の構造
   膵液
19.7 肝臓と胆囊
   肝臓と胆囊の構造
   胆汁
   肝臓の機能
19.8 小 腸
   小腸の構造
   腸液
   小腸における機械的消化
   小腸における化学的消化
   小腸における吸収(単糖類の吸収 / アミノ酸の吸収 / イオンと水の吸収 / 脂質と胆汁酸塩の吸収 /ビタミン類の吸収)
19.9 大 腸
   大腸の構造
   大腸における消化と吸収
   排便反射
19.10 消化の相
   脳相
   胃相
   腸相
19.11 加齢と消化器系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter20 栄養と代謝
20.1 栄養素
   健康的な食生活のためのガイドライン
   ミネラル
   ビタミン
20.2 代 謝
   糖質代謝(グルコースの異化 / グルコースの同化)
   脂質代謝(脂質の異化 / 脂肪の同化 / 血液中における脂質移送)
   タンパク質代謝(タンパク質の異化 / タンパク質の同化)
20.3 代謝と熱
   熱の測定
   体温のホメオスタシス(熱産生 / 熱放散)
   体温調節
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter21 泌尿器系
21.1 泌尿器系の概観
21.2 腎臓の構造
   腎臓の外部構造
   腎臓の内部構造
   腎臓への血液供給
   ネフロン
21.3 ネフロンの機能
   糸球体濾過(有効濾過圧 / 糸球体濾過量)
   尿細管再吸収
   尿細管分泌
   ネフロン機能に対するホルモン性調節
   尿の成分
21.4 尿の輸送、貯蔵、排出
   尿管
   膀胱
   尿道
   排尿
21.5 加齢と泌尿器系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter22 体液、電解質と酸-塩基平衡
22.1 体液区分と体液バランス
   水の獲得と排出の源
   水の獲得の調節
   水と溶質の排出の調節
   体液区分間の水の移動
22.2 体液の電解質
22.3 酸-塩基平衡
   緩衝系の作用(タンパク質緩衝系 / 炭酸-炭酸水素緩衝系 / リン酸緩衝系)
   二酸化炭素の排出
   腎臓によるH+の排出
   酸-塩基平衡異常
22.4 加齢と体液および電解質バランス(平衡)、酸-塩基平衡
 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter23 生殖器系
23.1 男性生殖器系
   陰囊
   精巣(精子発生 / 精子 / ホルモンによる精巣の制御)
   男性生殖器系における精路(精巣上体 / 精管 / 射精管 / 尿道)
   付属生殖腺
   精液
   陰茎
23.2 女性生殖器系
   卵巣(卵子発生)
   卵管
   子宮
   腟
   会陰と女性の外性器
   乳腺
23.3 女性の性周期
   ホルモンによる女性の性周期の制御
   女性の性周期の4期(月経期 / 排卵前期 / 排卵 / 排卵後期)
23.4 避妊法と流産
   避妊法(外科的不妊手術 / 非侵襲的不妊手術 / ホルモン療法 / 子宮内避妊用具 / 殺精子薬 / 障壁法 / 計画的禁欲)
   流産
23.5 加齢と生殖器系
 ホメオスタシスの観点から / よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

Chapter24 発生と遺伝
24.1 胚子期
   発生第1週(受精 / 早期胚子の発達)
   発生第2週
   発生第3週(原腸形成 / 尿膜、絨毛膜絨毛、胎盤の発達)
   発生第4週〜第8週
24.2 胎児期
24.3 妊娠中の母体の変化
   妊娠にかかわるホルモン
   妊娠中の変化
24.4 運動と妊娠
24.5 分 娩
24.6 乳汁分泌
24.7 遺 伝
   遺伝子型と表現型
   常染色体と性染色体
 よくみられる病気 / 医学用語と症状 / 学習概要とキーポイント / クリティカルシンキングの応用 / 図の質問の答え

クリティカルシンキングの応用の答え
クレジット
索 引




定価:本体6,900円+税