キリスト教
池上彰のよくわかる世界の宗教

キリスト教

著者名 池上 彰
こどもくらぶ
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年11月
判型・装丁 A4変 / 上製
ページ数 48ページ
ISBN 978-4-621-30087-9
Cコード 8316
NDCコード 190
ジャンル 人文科学 >  宗教学

内容紹介

多くの宗教は、人が安心して幸せに生き、死を恐れず受け入れるにはどうすればいいかを考えたことから生まれた。また、私たちの生活に恩恵を与え、ときに災害を引き起こす自然に対する感謝と畏怖の念から宗教が生まれたとも考えられている。本書では、世界中に数ある宗教の中から「キリスト教」を取り上げて解説する。キリスト教は信者が20億人を超える世界最大の宗教。また、ヨーロッパ諸国にとってたいへん重要な役割を果たしている。ヨーロッパにとってキリスト教がなぜ重要なのか。キリスト教は、なぜ世界中の人に受けいれられるようになったのか、についてお茶の間で人気の池上彰氏が、やさしくわかりやすくていねいに解説する。現在、世界には宗教が原因となって紛争が続いている地域があります。宗教は本来、人の幸せを目指すものであるにもかかわらず、なぜ宗教をめぐって不幸が起こるのか。そうしたことについても考えます。

目次

PART1 キリスト教を知ろう
 キリスト教ってどんな宗教なの?
 ユダヤ教から引きついだもの
 キリスト教、ユダヤ教、イスラム教
 ◆コラム◆ ユダヤ教とイスラエル①
 ◆コラム◆ ユダヤ教とイスラエル②
 クリスマスは何のお祝い?
 キリスト教の代表的な儀式
PART2
 キリスト教をめぐる争いと歴史
 ローマ帝国とキリスト教
 イスラム教との出あいと十字軍の派遣
 教会から聖書へ
 イギリス国教会とピューリタン革命
 「東方」へ広まったキリスト教
 世界中での布教活動
PART3 キリスト教についてもっと知ろう
 キリスト教徒の多い国ぐに
 ◆コラム◆ キリスト教と芸術

定価:本体3,000円+税
在庫:在庫あり