書物の文化史

書物の文化史

メディアの変遷と知の枠組み
著者名 加藤 好郎
木島 史雄
山本 昭
発行元 丸善出版
発行年月日 2018年04月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 212ページ
ISBN 978-4-621-30106-7
Cコード 1000
ジャンル 図書館学

内容紹介

モノとしての書物(メディア)を通して、「文献文化」および「知の枠組み」を考察するテキスト。世界の各地域・時代において、文献はどのような媒体(メディア)に載せられ、どのように読まれてきたかについて、図版も豊富に交えながら解説する。具体的には、「媒体(メディア)の制約と文献の仕組み」「媒体(メディア)の特性と知の枠組み」という切り口から「書物」にまつわる様々な現象を読み解く。

目次

第1章 東洋の書物史
   1 文字の発生から紙の発明まで:中国の書物史I 【木島】
   2 紙の発明と抄本の時代:中国の書物史II 【木島】
   3 印刷以後:中国の書物史III 【松尾】
   4 朝鮮出版文化の始まりとその展開:朝鮮の書物史 【藤本】
   ・コラム1 漢籍を求めて日本へ 【松尾】
   ・コラム2 社会的ステータスと蔵書文化:中国と日本 【磯部】
第2章 日本の書物史
   1 日本の書物の始まり 【林】
   2 本を書く:さまざまな写本 【林】
   3 印刷と出版の歴史 【林】
   4 書物のつくりとその用途:装丁 【林】
   ・コラム3 書物の読まれ方 【横山】
   ・コラム4 ローマ字とローマ字入力 【山本】
   ・コラム5 カラオケとMMO 【山本】
第3章 オリエントの書物史
   1 記憶と知の継承:エジプトの書物史 【田澤】
   2 楔形文字と粘土板:メソポタミアの書物史 【中田】
   ・コラム6 書かれたものとイスラーム 【鈴木】
第4章 西洋の書物史
   1 ギリシャ・ローマ時代の書物 【大川】
   2 中世以後の欧州の書物 【大川】
   3 活版印刷以後の書物 【川成】
   ・コラム7 グーテンベルク42行聖書の出版とアジアへの変遷 【加藤】
   ・コラム8 焚書と禁書 【下野】
   ・コラム9 草稿研究 【森本】
   ・コラム10円形図書館と書籍評価サイト 【木島】
第5章 近 代・現代のメディア史
   1 東洋の近代化と印刷 【塩山】
   ・コラム11 書物の東西交流:近世・近代の中・欧間の書物の往き来 【塩山】
   ・コラム12 編集と組版のあいだ 【吉田】
   ・コラム13 21世紀の活版印刷ルネサンス 【大石】
   2 コンピュータと電子書籍 【山本】
   ・コラム14 書籍の電子化 【塩山】
   ・コラム15 機械化の黒歴史、光ディスク 【山本】
   ・コラム16 縁穴カードとピーカブー 【山本】
   3 音のメディア 【山本】
   4 画像・映像のメディア 【山本】
   ・コラム17 「ひょっこりひょうたん島熱中記」と「スヴェトラーノフの悲愴」 【山本】
   ・コラム18 失われた映画音楽 【山本】
第6章 知っておきたい書物の雑学
1 執筆と読書 【木島】
   2 文書と記録と編纂物・著作物 【神谷】
   3 個人蔵書と図書館 【加藤】
   4 出版と流通 【加藤】
   ・コラム19 帳簿というメディア 【冨村】
   ・コラム20 楽譜と演奏 【藤田】
   ・コラム21 最古の数学文書:数式の世界 【梅垣】
   ・コラム22 日本最古の看板:看板文字の誘惑 【近藤】

定価:本体2,200円+税