カミオカンデとニュートリノ

カミオカンデとニュートリノ

著者名 鈴木 厚人 監修
有坂 勝史
井上 邦雄
梶田 隆章
鈴木 英之
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年06月
判型 A5 210×148
ページ数 178ページ
ISBN 978-4-621-30049-7
Cコード 0042
NDCコード 429
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
物理学 >  物理学一般 >  物理読み物
物理学 >  素粒子・原子核物理

内容紹介

ニュートリノは、宇宙全体の構造や発展にかかわる重要な存在でありながら、相互作用が弱いため観測が難しく、研究が困難である。日本の研究者たちは、その観測のために新しい装置を開発し、それによって、長年、その研究で世界をリードしてきた。本書では、ノーベル賞受賞成果につながる「超新星ニュートリノ」「太陽ニュートリノ」「大気ニュートリノ」「ニュートリノ振動」などの研究を、研究者たちがどのように企図し、どのように進めていったか、それに使われたカミオカンデをはじめとする観測装置をどのように作り上げていったか、物理的内容の解説と謎を解明していく研究者たちの挑戦を、まさにそれに関わってきた一線の研究者たちが紹介する。

目次

1章 ニュートリノ探究の原点:カミオカンデ〈鈴木 厚人〉
2章 陽子崩壊を探す〈鈴木 厚人・有坂 勝史〉
3章 消えた太陽ニュートリノの謎を追う〈中畑 雅行〉
4章 超新星爆発ニュートリノの初検出:ニュートリノ天文学の創始〈中畑 雅行・鈴木 英之〉
5章 大気ニュートリノもおかしい〈中畑 雅行・梶田 隆章・瀧田 正人〉
6章 スーパーカミオカンデの待望とニュートリノ質量の発見〈鈴木 洋一郎〉
7章 ニュートリノ質量の発見――加速器からのニュートリノを使うK2K/T2K〈西川 公一郎・中家 
   剛〉
8章 反ニュートリノ質量の発見――原子炉からのニュートリノを使うカムランド〈井上 邦雄〉
9章これからのニュートリノ探究〈中家 剛・井上 邦雄〉

定価:本体1,400円+税
在庫:在庫あり