空気力学入門
著者名 一般社団法人 日本航空宇宙学会
李家 賢一
新井 隆景
浅井 圭介
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年01月
判型 A5 210×148
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-08993-4
Cコード 3353
ジャンル 機械・金属・材料 >  航空・宇宙工学

内容紹介

「航空宇宙工学テキストシリーズ」空気力学分野(全3巻)の第1巻。第I部では、空気力学を学ぶにあたって必要不可欠な専門用語を網羅して説明を行うことで、空気力学全体を概観する。第II部では、比較的取り扱いやすい非粘性・非圧縮性流体について数学的に考察する。非回転(渦なし)流れについて、ケルビンの定理や基礎的なポテンシャル流れなどを紹介したのち、円柱周りの流れ、パネル法を用いた手法を見ていく。また、3次元的な考え方も解説する。第III部では、非粘性・非圧縮流体力学にもとづく翼型理論と3次元翼理論、特に翼周りの流れ場のモデル化を解説する。

目次

第I部 空気力学とは
 第1章 序論
  1.1 空気力学の発展と飛行の原理
  1.2 空気力学の諸分野と本シリーズの構成
  1.3 航空機と宇宙機に開発につながる空気力学の手法
 第2章 空気の特徴
  2.1 粘性
  2.2 圧縮性
 第3章 空気力学の基本原理
  3.1 流れの表現方法と流線
  3.2 流れの基礎方程式
  3.3 質量保存則
  3.4 運動量保存則
  3.5 エネルギー保存則
  3.6 ベルヌーイの定理の応用 
 第4章 粘性流れ
  4.1 レイノルズ数
  4.2 境界層
  4.3 層流と乱流
  4.4 流れの剥離と円柱寄りの流れ場
 第5章 圧縮性流れ
  5.1 圧縮性流れとは
  5.2 異なる速度域での圧縮性流れ
第II部 非粘性・非圧縮性流体力学
 第6章 流体力学の基礎方程式
  6.1 連続の式
  6.2 運動量保存則
  6.3 エネルギー保存の式
 第7章 非粘性・非圧縮性流れ
  7.1 非粘性流れ
  7.2 ベルヌーイの式
  7.3 圧力係数
  7.4 循環
  7.5 非回転(渦なし)流れ
  7.6 ケルビンの定理 
 第8章 非圧縮性・非回転(渦なし)流れ
  8.1 ラプラスの方程式
  8.2 境界条件
  8.3 2次元非圧縮流れの流れ関数
  8.4 速度ポテンシャルと流れ関数
  8.5 流れの重ね合わせ
  8.6 基礎的なポテンシャルの流れ 
 第9章 円柱周りの流れ
  9.1 速度場
  9.2 圧力場
  9.3 揚力と抗力
  9.4 無次元パラメーターとしての揚力係数と抵抗係数
  9.5 循環をもつ円柱周りの流れ
 第10章 物体表面に湧き出し分布を与えた流れ
  10.1 パネル法
  10.2 パネル法による計算例
 第11章 非圧縮性・軸対称流れ
  11.1 非圧縮性・軸対称流れ
  11.2 球周りの流れ
第III部 翼理論
 第12章 序論
  12.1 空気力の発生
  12.2 標準大気
  12.3 相似則と空力係数
 第13章 翼型の空気力学
  13.1 翼型の形状
  13.2 翼型に働く空気力
  13.3 代表的な翼型の特性
  13.4 翼型理論
  13.5 薄翼理論
  13.6 抗力の発生
 第14章 3次元翼の空気力学
  14.1 翼の平面形
  14.2 3次元翼の流れ
  14.3 揚力線理論
  14.4 翼に働く抗力

関連商品

定価:本体2,900円+税
在庫:お問い合わせください