ジャンクDNA

ジャンクDNA

ヒトゲノムの98%はガラクタなのか?
原書名 JUNK DNA: A Journey Through the Dark Matter of the Genome
著者名 中山 潤一
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年04月
判型・装丁 四六 188×128 / 並製
ページ数 424ページ
ISBN 978-4-621-30003-9
Cコード 0045
ジャンル 生物・生命科学 >  生物一般 >  生物読み物

内容紹介

ヒトゲノムが2000年に解読された結果、私たちのゲノムの中でタンパク質をコードしている配列がたった2%しか存在せず、残りの98%は機能のわからない配列で占められているという事実だった。「遺伝子はタンパク質をコードするDNA配列」と定義されていたため、残りの部分は「ジャンク(ガラクタ)」とよばれ、その存在意義は長い間不明なままだった。本書は、私たちにとって比較的身近ながんや筋ジストロフィーなどの遺伝病を通して、この「ジャンク」の機能に切り込む。本書の中で紹介されている約40種の病気は、これまで重要だと考えられていた「タンパク質コード領域」ではなく、いわゆるジャンクDNAの中の変化が原因となっている。本書では、最新の研究成果やトピックを取り上げていることに加え、その背景にある生物学の基礎も丁寧に説明。ユニークな比喩を用いた説明に定評のある著者が、世界的に注目が集まるゲノムの未踏領域に踏み込む。

目次

序章 ゲノムのダークマター(暗黒物質)とは
第1章 なぜダークマターが問題なのか
第2章 ダークマターが本当にダークになるとき
第3章 遺伝子はどこに行ってしまったのか?
第4章 招待されたところで長居する
第5章 年をとるとすべてが縮む
第6章 2は完全数である
第7章 ジャンクで塗りつぶす
第8章 長いゲーム
第9章 ダークマターに彩りを添える
第10章 なぜ両親はジャンクを愛しているのか
第11章 ある使命を持ったジャンク
第12章 スイッチを入れて音量を上げる
第13章 無人緩衝地帯
第14章 ENCODEプロジェクト――ジャンクDNAがビッグ・サイエンスへ
第15章 首なし王妃と奇妙な猫と太ったマウス
第16章 ロスト・イン・アントランスレーション
第17章 なぜレゴはエアフィックスの模型より優れているのか
第18章 ミニは強大になり得る
第19章 薬は効く(ただしときどき)
第20章 暗闇の中のいくつかの明かり
付録:本書で取り上げた、ジャンクDNAが関わるヒトの疾患

関連商品

定価:本体2,800円+税
在庫:在庫あり