パリティ物理学コース 熱学・統計力学
[新装復刊]

パリティ物理学コース 熱学・統計力学

著者名 碓井 恒丸
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年05月
判型 B6 182×128
ページ数 234ページ
ISBN 978-4-621-08724-4
Cコード 3342
ジャンル 物理学 >  熱・統計力学 >  熱力学
物理学 >  熱・統計力学 >  統計力学
物理学 >  シリーズ物理学

内容紹介

熱力学的現象を学ぶにあたり、統計力学的視点を取り入れ、熱力学からのスムーズな移行を念頭に、新しい概念を丁寧に解説。熱力学は古典論において完成し、3つの法則を柱としてさまざまな現象を説明してきた。それに微視的な解釈を与え分子論的な基礎づけをしたのが統計力学であり、統計力学の矛盾点は20世紀初頭の量子力学の発展をうながした。 本書は、知識よりも考え方の習得に力点をおいており、解説が歴史的経過に従っていないにもかかわらず、読者は古典論から量子論へと発展する物理学の流れをとらえることができる。

目次

1 序章
 1.1 巨視的法則
 1.2 理想気体の圧力
 1.3 エネルギー移動――仕事と熱
 1.4 巨視量
2 統計力学の基礎
 2.1 等確率の原理
 2.2 熱平衡にある2体系
 2.3 準静過程――エントロピーの役割
 2.4 位相体積の自然単位――量子論
3 熱力学の基礎
 3.1 現象論I――熱力学第1法則
 3.2 カルノー機関
 3.3 現象論2―熱力学第2法則
 3.4 クラウジウス不等式
 3.5 エントロピー
 3.6 完全微分
4 まとめ
 4.1 まとめ 
5 応用――その1
 5.1 応用への準備
 5.2 エネルギー等分配I
 5.3 エネルギー等分配II
 5.4 量子効果
6 応用――その2
 6.1 粒子の統計性
 6.2 開いた系――化学ポテンシャル
 6.3 量子気体
 6.4 相転移I
 6.5 相転移II
7 ゆらぎ
 7.1 ゆらぎと不可逆過程

定価:本体2,000円+税
在庫:在庫あり