『有機化学 改訂2版』 問題の解き方

『有機化学 改訂2版』 問題の解き方

著者名 奥山 格
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年01月
判型・装丁 B5 257×182 / 並製
ページ数 300ページ
ISBN 978-4-621-08976-7
Cコード 3043
ジャンル 化学・化学工学 >  有機化学 >  基礎有機化学

内容紹介

奥山 格 監修・著「有機化学 改訂2版」(テキスト)のスタディガイド。テキスト内の問題の解答はもちろん、問題の考え方、解き方も解説。有機化合物を作り上げる結合の基本原理と反応を支配する電子の流れを、問題を繰返し解くことによって論理的に理解し、有機化学の基礎力が身につくよう補完。 各章のはじめにはテキストで習得した事項を「まとめ」、また、鍵となる「反応例」を掲載し、テキストの理解がより深まるよう工夫。さらに、各章末にはテキストには掲載されていない精選された演習問題を収載。スタディガイドを活用してテキストをしっかり理解し、有機化学を極める。

目次

1章 化学結合と分子の成り立ち
2章 有機化合物:官能基と分子間相互作用
3章 分子のかたちと混成軌道
4章 立体配座と分子のひずみ
5章 共役と電子の非局在化
6章 酸と塩基
7章 有機化学反応
8章 カルボニル基への求核付加反応
9章 カルボン酸誘導体の求核置換反応
10章 カルボニル化合物のヒドリド還元とGrignard反応
11章 立体化学:分子の左右性
12章 ハロアルカンの求核置換反応
13章 ハロアルカンの脱離反応
14章 アルコール,エーテルと硫黄類似体およびアミンの反応
15章 アルケンとアルキンへの付加反応
16章 芳香族求電子置換反応
17章 エノラートイオンとその反応
18章 求電子性アルケンと芳香族化合物の求核反応
19章 多環芳香族化合物と芳香族ヘテロ環化合物
20章 ラジカル反応
21章 転位反応
22章 有機合成
23章 生体物質の化学

定価:本体2,900円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料