コンピュータサイエンス

コンピュータサイエンス

計算を通して世界を観る
著者名 渡辺 治
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年09月
判型 新書 174×112
ページ数 192ページ
ISBN 978-4-621-08972-9
Cコード 0355
NDCコード 548
ジャンル 科学一般 >  シリーズ科学一般 >  サイエンス・パレット
電気・電子・情報工学 >  情報・コンピュータ >  情報数学
新書 >  サイエンス・パレット

シリーズ紹介

学問は絵の具、心はキャンバス。 思い思いの色を混ぜ合わせ、自身のキャンバスを豊かな教養で彩ってみませんか? サイエンス分野の教養を1冊にまとめ、あなたの「知りたい」に応えます。

内容紹介

人類に欠かすことのできないコンピュータの中で、何がなされているのか、そもそも計算とは一体何なのか、という素朴な疑問を皮切りに、プログラミングやアルゴリズム、シミュレーション、データマイニング、情報セキュリティといった話題からコンピュータサイエンスの全体像を見ることが出来るようになっている。 計算を通して世の中を観るということの面白さと奥深さを実感出来る一冊。

目次

第1章 計算をとことん分解する
 データの元素は0と1/計算の元素は±1と繰り返し
 [コラム1]数の歴史
 [コラム2]計算を形作った人々
第2章 計算を実現する
 コンピュータの仕組み/プログラム/計算の万能性とその限界
 [コラム3]コンピュータ登場
第3章 プログラミングへの招待
 プログラミングの基本技その1:配列/プログラミングの基本技その2:サブルーチン
 [コラム4]プログラミング言語の変遷
第4章 アルゴリズムへの招待
 アルゴリズムの工夫とその重要性/より効率のよい計算を目指して
第5章 計算世界観
 シミュレーション/データマイニング/情報セキュリティ技術
第6章 コンピュータ・サイエンスの未来
 新たな計算メカニズムとコンピュータ・サイエンス/知の創出のパートナーをめざして/エピローグ:計算のさらなる探究

関連商品

定価:本体1,000円+税
在庫:在庫あり