結晶転位論

結晶転位論

鉄から窒化ガリウムまで
著者名 坂 公恭
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年08月
判型 A5 210×148
ページ数 294ページ
ISBN 978-4-621-08963-7
Cコード 3057
NDCコード 305
ジャンル 化学・化学工学 >  材料化学
機械・金属・材料 >  材料工学

内容紹介

今日のエレクトロニクスを支えるSi中の転位の挙動を知ることは、きわめて重要と言える。化合物半導体GaNの低転位化がLEDの発明へと導いたことは世界の認めるところである。この本は、古典転位論の要点から最先端―とくに半導体材料への応用まで、丁寧にわかりやすく解説した教科書。材料系の視点から、転位の本質に迫ることができるように解説され、電子顕微鏡写真や、オリジナルの図によって、理解しやすいように工夫されている。例題や問題を多数収載し、新しい材料開発のために転位と格闘している研究者、技術者などにとって必須の書となるだろう。

目次

第Ⅰ部 基礎
 1章 結晶学の要点
 2章 転位の幾何学
 3章 弾性論の基礎
 4章 転位の弾性論
 5章 転位と溶質原子との弾性的相互作用
 6章 転位の移動 (パイエルス力) と増殖 (フランク-リード源,バーディン‐へリング源)
 7章 集団としての転位
 8章 面心立方(FCC)構造中の分解転位
 9章 六方最密充填構造中の拡張転位
第Ⅱ部 応用
 10章 規則合金,金属化合物中の転位と強度の逆温度依存性
 11章 ダイヤモンド,閃亜鉛鉱,ウルツ鋼構造およびSiC中の転位
 12章 転位と巨視的な強度の関係
 13章 薄膜中の転位
付録

定価:本体4,000円+税
在庫:お問い合わせください

▼ 補足資料