4G LTE/LTE-Advancedのすべて 下巻

4G LTE/LTE-Advancedのすべて 下巻

著者名 服部 武 監訳
藤岡 雅宣 監訳
諸橋 知雄 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年10月
判型 A5 210×148
ページ数 328ページ
ISBN 978-4-621-08953-8
Cコード 3055
NDCコード 547
ジャンル 電気・電子・情報工学 >  電子・通信

内容紹介

第4世代移動通信であるLTE/LTE-Advancedの全体像を書き出した“4G: LTE/LTE-Advanced for Mobile Broadband (second edition)”の完全日本語翻訳版。全21章のうち1‐10章を上巻、11‐21章を下巻とした。下巻では、上巻に引き続いて上りリンク物理レイヤ技術の解説から始まり、スケジューリング、CoMP、ヘテロジニアス展開、リレー技術や、LTEの重要な特徴の一つである周波数の柔軟性やRF特性などを詳述する。最後にLTEシステムを様々な観点から性能を評価し、今後の課題と第5世代への発展を示す。

目次

11 上りリンク物理レイヤ処理
 11.1 トランスポートチャネル処理
 11.2 上りリンク参照信号
 11.3 上りリンクマルチアンテナ送信
 11.4 上りリンクL1/L2制御信号
 11.5 上りリンク電力制御
 11.6 上りリンクタイミング調整 
12 再送プロトコル
 12.1 ソフトコンバイニングを伴うハイブリッドARQ
 12.2 無線リンク制御
13 スケジューリングとレートアダプテーション
 13.1 下りリンクのスケジューリング
 13.2 上りリンクのスケジューリング
 13.3 スケジュール割当およびグラントのタイミング
 13.4 セミパーシステントスケジューリング
 13.5 半複信FDDのスケジューリング
 13.6 間欠受信(DRX)およびコンポーネントキャリアの非活性化
 13.7 チャネル状態情報
14 アクセス手順
 14.1 情報の取得とセルサーチ
 14.2 システム情報
 14.3 ランダムアクセス
 14.4 ページング
15 マルチポイント協調送受信
 15.1 リリース8 セル間干渉調整
 15.2 リリース10,11 マルチポイント協調受送信
16 ヘテロジニアス展開
 16.1 ヘテロジニアス展開における干渉シナリオ
 16.2 リリース8の機能を用いたヘテロジニアス展開
 16.3 周波数領域分割
 16.4 時間領域分割
 16.5 共有セル
 16.6 閉域加入者グループ
17 マルチメディアブロードキャスト・マルチキャストサービス
 17.1 アーキテクチャ
 17.2 全体のチャネル構造と物理レイヤでの処理
 17.3 MBMSサービスのスケジューリング
18 リレー
 18.1 LTEでのリレー
 18.2 全体のアーキテクチャ
 18.3 帯域内リレーのバックホール設計
19 スペクトルとRF特性
 19.1 LTEスペクトル
 19.2 柔軟な周波数の利用
 19.3 柔軟なチャネル帯域幅での運用
 19.4 LTEのキャリアアグリゲーション
 19.5 非連続スペクトルでの運用
 19.6 マルチスタンダード無線基地局
 19.7 LTEのRF要求条件の概観
 19.8 出力電力レベル要求条件
 19.9 送信信号品質
 19.10 不要輻射に対する要求条件 
 19.11 感度と動的レンジ
 19.12 妨害波に対する受信機の耐干渉性
 19.13 マルチバンド対応基地局
 19.14 リレー用RF要求条件
20 性能
 20.1 性能評価
 20.2 ピークデータレートおよび遅延に関する性能
 20.3 LTE‐-Advancedの性能評価
21 将来の無線アクセスについての考察
 21.1 リリース11以降の継続的なLTEの進化
 21.2 新しい無線アクセス
 21.3 最後の考察

定価:本体6,500円+税
在庫:在庫あり