海洋生物学

海洋生物学

地球を取りまく豊かな海と生態系
原書名 Marine Biology: A Very Short Introduction
著者名 窪川 かおる
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年03月
判型 新書 174×112
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-08893-7
Cコード 0345
ジャンル 科学一般 >  シリーズ科学一般 >  サイエンス・パレット
生物・生命科学 >  生物一般
新書 >  サイエンス・パレット

シリーズ紹介

学問は絵の具、心はキャンバス。 思い思いの色を混ぜ合わせ、自身のキャンバスを豊かな教養で彩ってみませんか? サイエンス分野の教養を1冊にまとめ、あなたの「知りたい」に応えます。

内容紹介

海洋は地球最大の生命圏であり、生物多様性の宝庫です。地球を取りまく海洋環境は、深海、熱帯、北極・南極、沿岸、潮間帯などさまざまであり、そこにすむ生物たちがつながり合って独特で豊かな生態系を育んでいる。本書では、海の生態系に目を向け、ユニークな生物たちが繰り広げる共生や競争、環境への適応方法を知り、海本来の美しさと不思議さを垣間見ることができる。また、人間社会との関係を考えることも、いまの重要な課題である。私たちは資源や食料の多くを海に頼っており、同時に乱獲や沿岸開発、温暖化や海洋酸性化などを通して海の環境やそこに生きる生物にダメージを与えてきた。人間社会や地球環境に海がもたらす恵み、そして人間活動が海洋生態系に与える影響とは何か。地球の将来のカギを握る海との向き合い方を考えるのにも、最適の入門書。

目次

1 海洋という環境  
 全海洋の地理/海洋の環境条件/塩分/水温/光/圧力/酸素/二酸化炭素と海洋の酸性化/海洋の動き
2 海洋の生物学的プロセス  
 海洋一次生産者/海洋の一次生産のしくみ/海洋の一次生産力の測定/海洋の一次生産力のパターン/エルニーニョの南方振動/海洋システムを通るエネルギーの移動
3 沿岸の生物  
 ケルプの森の生物群集/藻場/やわらかい海底の生物群集/沿岸のデッドゾーン(死の海)/有害な藻類の大発生/生物学的侵略(バラスト水問題)/プラスチックごみ
4 北極と南極の海洋生物学  
 北極海の海洋生物学/南極の海洋生物学
5 熱帯の海洋生物  
 サンゴ礁/物理的な環境条件/サンゴの生物学/サンゴ礁の種類/サンゴ礁の生態系/サンゴの有性生殖/サンゴ礁の破壊/人類の影響/マングローブ
6 深海の生物学  
 深海の環境/深海に適応した生物/深海底の動物/鯨骨生物群集と深海のごちそう/海山/熱水噴出孔の生態系と冷湧水
7 潮間帯の生物
 潮汐/潮間帯の生物の適応/潮間帯の帯状分布/潮間帯の帯状分布の原因/深刻な人類の影響
8 海の恵み

関連商品

定価:本体1,000円+税
在庫:在庫あり