臨床薬理学 原書3版
ハーバード大学講義テキスト

臨床薬理学 原書3版

原書名 Principles of Pharmacology The Pathophysiologic Basis of Drug Therapy Third Edition
著者名 渡邉 裕司 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年06月
判型・装丁 B5 257×182 / 並製
ページ数 1146ページ
ISBN 978-4-621-08916-3
Cコード 3047
NDCコード 491
ジャンル 医学・薬学 >  基礎医学 >  薬理学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  内科学一般

内容紹介

ハーバード大学医学部学生と熱烈講師陣のコラボレーションによって誕生した臨床薬理学の世界的名著。初版から大幅な改訂を加え最新の情報を網羅した待望の第3版日本語版。本書は、学ぶ側の視点が随所に採り入れられているだけでなく、薬理学の基本的概念や個々の医薬品の作用メカニズムを理解し、それらを“いかに臨床へ応用し患者の薬物治療に役立てていくか”に主眼が置かれている。各章末にある「主要薬物一覧表」は薬物の臨床応用「虎の巻」として極めて便利。

目次

第1節:薬理学の基礎
 1 薬物‐受容体相互作用
 2 薬力学 
 3 薬物動態学
 4 薬物代謝
 5 薬物毒性学
 6 薬理ゲノミクス
第2節:神経薬理学の原理
第2節A:神経薬理学の基礎
 7 細胞興奮性と電気化学伝達の原理
 8 神経系の生理学と薬理学の原理
第2節B:自律・末梢神経系薬理学の原理
 9 コリン作動性の薬理学
 10 アドレナリン作動性の薬理学
 11 局所麻酔薬の薬理学
第2節C:中枢神経系薬理学の原理
 12 GABA作動性およびグルタミン酸作動性神経伝達の薬理学
 13 ドパミン作動性神経伝達の薬理学
 14 セロトニンとアドレナリンの中枢神経伝達の薬理学
 15 中枢神経系における異常電気神経伝達の薬理学
 16 全身麻酔薬の薬理学
 17 鎮痛薬の薬理学
 18 薬物濫用の薬理学
第3節:心血管系薬理学の原理
 19 コレステロールとリポタンパク代謝の薬理学
 20 体液調節の薬理学
 21 血管緊張の薬理学
 22 止血と血栓の薬理学
 23 心臓リズムの薬理学
 24 心収縮性の薬理学
 25 心血管系にかかわる薬理学総論:高血圧,虚血性心疾患,心不全
第4節:内分泌系薬理学の原理
 26 視床下部と下垂体の薬理学
 27 甲状腺の薬理学
 28 副腎皮質の薬理学
 29 生殖の薬理学
 30 膵内分泌および糖ホメオスタシスの薬理学
 31 骨・ミネラルのホメオスタシスに関する薬理学
第5節:化学療法の原理
 32 抗菌薬,抗がん薬の薬理学の原理
 33 細菌感染症の薬理学:DNA複製,転写, 翻訳
 34 細菌およびマイコバクテリア感染症の薬理学:細胞壁合成
 35 真菌感染症の薬理学
 36 寄生虫症の薬理学
 37 ウイルス感染症の薬理学
 38 がんの薬理学:ゲノム合成,安定性,維持
 39 がんの薬理学:シグナル伝達
 40 併用化学療法の原理
第6節:炎症と免疫薬理学の原理
 41 炎症と免疫系の原理
 42 エイコサノイドの薬理学
 43 ヒスタミンの薬理学
 44 造血と免疫調節の薬理学
 45 免疫抑制の薬理学
 46 炎症にかかわる統合薬理学:消化性潰瘍
 47 炎症にかかわる統合薬理学:喘息
 48 炎症にかかわる統合薬理学:痛風
第7節:医薬品開発と規制の基礎
 49 医薬品探索研究と非臨床開発
 50 医薬品の臨床評価と承認
 51 副作用の系統的な検出
第8節:環境毒物薬
 52 環境毒物学
第9節:薬理学の最前線
 53 タンパク質医薬品
 54 ドラッグデリバリー

定価:本体13,500円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料