FDA リスク&ベネフィット・コミュニケーション

FDA リスク&ベネフィット・コミュニケーション

エビデンスに基づく健康・医療に関する指針 
原書名 Communicating Risks and Benefits: An Evidence-Based User's Guide
著者名 中山 健夫 監訳
杉森 裕樹 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年11月
判型 B5 257×182
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-08954-5
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学 >  医学一般

内容紹介

FDAガイドの翻訳版。FDA(米国食品医薬品局)が、 健康・医療をめぐる様々なリスクへの効果的なコミュニケーションについて、膨大な科学的知見に基づいて作成した実践活用ガイド。消費者にリスク(マイナス要因)とベネフィット(プラス要因)を勘案した最適な決断をさせるためのコミュニケーション戦略のあり方を考察する。章末には予算に応じたリスク調査の方法も紹介。警告を示す際の効果的なコミュニケーション、ネット情報等のメディアによる人々の感情への影響、情報リテラシーに関する課題といった興味深いテーマが、各分野の最先端研究者らによって具体的に解説されている。

目次

第1章 諸言
第2章 目標
第3章 評価
第4章 伝える義務
第5章 言葉
第6章 定義づけ
第7章 数量情報
第8章 質的な情報
第9章 ヘルスリテラシー
第10章 情動と感情
第11章 情報と説得
第12章 生涯を通して
第13章 ヘルスケア専門家
第14章 可読性・理解・有用性
第15章 警告と情報開示
第16章 人間工学
第17章 共有意思決定
第18章 ニュース報道
第19章 組織の内側
第20章 実践家の観点から
第21章 FDAの視点
第22章 戦略的計画

定価:本体3,600円+税
在庫:在庫あり