髄液検査技術教本

髄液検査技術教本

著者名 日本臨床衛生検査技師会 監修
発行元 丸善出版
発行年月日 2015年07月
判型 A4 297×210
ページ数 114ページ
ISBN 978-4-621-08934-7
Cコード 3347
ジャンル 看護・介護・リハビリ >  臨床検査技術 >  JAMT技術教本シリーズ

内容紹介

日本臨床衛生検査技師会(JAMT)が編集母体となり、臨床検査技師が行う標準的業務に必要な実務知識を提供する約30冊のシリーズ。同技師会が独自に販売していた教本をベースとする改訂新版で、技師の業務進出に応じて当該分野の標準的な知識・手技・手法などを提供できるシリーズとなっている。 髄液(脳脊髄液)とは、脳室・くも膜下腔・脊椎管内を満たして循環する液のこと。髄液は中枢神経に直接接するため神経系の様々な病態を反映し、画像診断技術が発展した今でも不可欠な検査法。本書はさらなるスタンダード書籍をめざし、『髄液検査法2002』に新しい知見・検査を加え、今後の国内の標準化を視野に入れた構成とした。写真と図解により、ひと目で手技や操作がよくわかることに加え、アトラス章では、典型的細胞像から希症例まで豊富な症例画像を掲載。日常の検査で遭遇する疑問やポイントがわかりやすくまとまっているのも本書の特徴。

目次

1章 髄液検査の進め方
 1.1 髄液検査の進め方
2章 髄液検査法解説 
 2.1 脳脊髄液概論 
 2.2 疾患と検査の進め方 
3章 髄液検査法  
 3.1 髄液の採取・取扱い・肉眼的観察 
 3.2 髄液細胞の観察 
 3.3 臨床化学検査
 3.4 微生物学検査
 3.5 その他の髄液検査
4章 疾患と髄液細胞所見
 4.1 中枢神経系感染症
 4.2 無菌性髄膜反応
 4.3 腫瘍性疾患
 4.4 各種中枢神経系疾患における髄液所見の比較
 4.5 その他の病態と髄液細胞所見
 4.6 医原性細胞(髄液採取時の混入)
5章 髄液細胞アトラス

関連商品

定価:本体3,700円+税
在庫:在庫あり