南極から地球環境を考える 1  南極観測のひみつQ&A

南極から地球環境を考える 1 南極観測のひみつQ&A

著者名 国立極地研究所 監修
こどもくらぶ
発行元 丸善出版
発行年月日 2014年10月
判型・装丁 A4変 / 上製
ページ数 48ページ
ISBN 978-4-621-08867-8
Cコード 8344
NDCコード 450
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
科学一般 >  シリーズ科学一般 >  ジュニアサイエンスシリーズ
天文・地学 >  地球科学

内容紹介

南極は、その厳しい自然環境からほとんど人間活動が行われていない大地であり、そのため自然そのままの形が残っていることから、人間活動が地球環境に与える影響を正確に観測できる場所として注目されている。そのため、南極には気候変動や地球温暖化を理解するための重要な手がかりだけでなく、地球の歴史を解明するヒントが豊富に存在しているとされ、世界各国が競うように観測研究を行っている。 本書は、南極研究について、昭和基地のしくみから隊員の仕事まで、南極観測の実態とそこからわかる地球のひみつを子供にもわかりやすいQ&A形式で解説します。

目次

パート1 南極探検と観測の歴史
 Q1 南極がはじめて発見されたのはいつごろ?
 Q2 南極点にはじめて到達したのはだれ?
 Q3 南極での観測活動がはじまったのはいつ?
 Q4 南極はどこの国のもの?
 Q5 南極にはどうやっていくの?
 コラム 南極旅行は、できるの?
 Q6 砕氷船はどうやって氷の海を進むの?
 コラム 輸送で活躍する乗りもの
パート2 南極の基地
 Q7 日本の基地はどこにあるの?
 Q8 昭和基地はどうなっているの?
 Q9 電気はどうやってつくるの?
 Q10 日本の基地は昭和基地のほかにもあるの?
 コラム 外国の南極基地
パート3 日本の南極観測
Q11 なんのために南極観測隊を派遣しているの? 
 Q12 隊員になるにはどうしたらいいの?
 Q13 南極観測隊員は昭和基地までどうやっていくの?
 Q14 隊員はどんな仕事をするの?
 Q15 隊員の服装は?
 隊員経験者インタビュー!
  田邉 優貴子さん(観測系担当)
  石沢 賢二さん(設営系担当)
  村井 正さん(医療担当)
  中山 由美さん(同行記者)
 コラム 南極から授業!

関連商品

定価:本体3,000円+税
在庫:在庫あり