ごみ効率化

ごみ効率化

有料化とごみ処理経費削減
著者名 山谷 修作
発行元 丸善出版
発行年月日 2014年09月
判型 A5 210×148
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-08856-2
Cコード 3036
ジャンル 社会科学 >  社会科学一般

内容紹介

著者がこれまで研究対象とした「有料化」と「見える化」は、地方自治体のごみ減量施策に大きな成果をもたらしてきた。一方、人口減少と高齢化に直面する多くの自治体にとって、行財政改革の推進が急務である。そこで「有料化」や「見える化」によるごみ減量効果の検証から一歩進め、減量をごみ処理の「効率化」につなげる可能性や具体的な取り組みについて検討した。各種効率化施策による経費削減効果などのデータは、全国自治体へのアンケート調査と訪問調査により収集。有料化導入によるごみ減量を通じた経費削減効果について検証し、ごみ処理をめぐる各種制度の見直しによる業務効率化の取り組みを提言した待望の書。

目次

第1章 家庭ごみ有料化の現状とごみ減量効果
 1 家庭ごみ有料化の現状
 2 有料化によるごみ減量効果
 3 有料化の成果と戦略的位置づけ
第2章 有料化でごみ処理経費を減らせるか
 1 市民1人当たりごみ処理経費・収集運搬費
 2 再資源化費・中間処理費・最終処分費
 3 総合収支と経費節減の工夫、収集運営形態の選択
第3章 収集効率化の取り組み
 1 収集効率化に先鞭を付けた仙台市の取り組み
 2 収集委託競争入札の光と影――足利市の経験から
第4章 収集業務改善への取り組み
 1 収集業務の改善に向けて
 2 市民目線で収集業務の改善に取り組む京都市
第5章 変革期を迎えた東京23区収集業務(前編)――社会変化への対応と効率化の取り組み
 1 東京23区収集業務の特色
 2 高齢化で重みを増す北区の訪問収集
 3 荒川区の全資源集団回収一元化への取り組み
 4 中野区の古紙集団回収一元化への取り組み
 5 練馬区の施設整備による資源化推進
第6章 変革期を迎えた東京23区収集業務(後編)――今後の取り組み課題
 1 戸別収集方式への切り替え
 2 各区比較指標の「見える化」と有料化の必要性
 3 急がれる雇上契約の見直し
第7章 ごみ減量による中間処理費削減
 1 施設規模の縮小と効率的な事業方式の採用
 2 札幌市の清掃工場建替え不要化
 3 八王子市の清掃工場集約化
第8章 インセンティブプログラム活用の取り組み
 1 多摩市における家庭ごみ有料化の経緯
 2 家庭ごみ有料化と併用されたインセンティブプログラム
 3 家庭ごみ有料化の成果
 4 さらなる減量に向けて
第9章 ごみ処理の効率化をめざして
 1 ごみ減量による経費節減の可能性:総括
 2 ごみ効率化の課題
 3 基本計画で効率化への道筋を示す

定価:本体2,500円+税
在庫:在庫あり