イギリス文化事典

イギリス文化事典

著者名 イギリス文化事典編集委員会
川成 洋 編集委員長
井上 治子 編集委員
太田 直也 編集委員
発行元 丸善出版
発行年月日 2014年11月
判型・装丁 A5 210×148 / 上製
ページ数 946ページ
ISBN 978-4-621-08864-7
Cコード 0522
ジャンル 人文科学 >  人文科学_総記・事典

内容紹介

イタリア、スペイン、フランスに続く文化事典シリーズ第4弾。 イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」といい、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという、それぞれに独自の文化を有する4つの国から成っている。本事典は見開き2ページを単位とした中項目主義事典の構成で、多様性に富むイギリスの文化を解説する。 「社会」「物語・小説」「詩」「演劇」「映画」「音楽」「絵画・彫刻・建築」「教育・スポーツ」「哲学・思想」「歴史・王室」「日英関係」という章立てに加え、「スコットランド」「ウェールズ」「北アイルランド」に関しても独立した章を割り当て、3地方の独自の民族性、歴史、文化、慣習、言語などを紹介する。

目次

1.イギリスという国
 イギリスというよび名/ユニオンジャック/地理的特徴――地形と気候/英語の変遷/英語の方言/他
2.社会
 国会制度/宗教事情/英国国教会/貴族制度/ノブレス・オブリージュ/他
3.物語・小説
 アーサー王物語/ジョンソン博士とその周辺/ダニエル・デフォー――時代を先取りした男/ジョナサン・
 スウィフト――イギリスの鋭敏な諷刺作家/サミュエル・リチャードソン――イギリス小説の父/他
4.詩
 英詩を英詩たらしめる特色とは何か/日本人は英詩をどのように読んできたか/チョーサーと『カンタベリ
 ー物語』/イギリス・ルネッサンスとソネット形式の完成/ミルトンと17世紀英詩/他
5.演劇
 聖史劇・道徳劇/《ハムレット》/《オセロ》/《リア王》/《マクベス》/他
6.映画
 イギリス映画――人材の宝庫/チャールズ・チャップリン――世界を笑いと涙の渦に巻き込んだ喜劇王/ア
 ルフレッド・ヒッチコック――イギリス時代/ロレンス・オリヴィエ――大器晩成の映画人/ショーン・コ
 ネリー――タフでエレガントなイギリス紳士を再現/他 
7.音楽
 イギリスの音楽/トマス・タリスとウィリアム・バード――イギリス・ルネサンス音楽の巨匠たち/ヘンリ
 ー・パーセル――イギリス音楽史上最高の天才/ヘンデルとオラトリオ/エドワード・エルガー――イギリ
 ス音楽のシェイクスピア/他
8.絵画・彫刻・建築
 クリストファー・レン――超一流の科学者,数学者,建築家/ウィリアム・ホガース――版画の著作権を確
 立した銅版画家/画家にして慈善家/ジュシュア・レイノルズ――ロイヤル・アカデミーの創始者/トマ
 ス・ゲインズバラ――イギリス絵画黄金期に花開いた独自の才能/ウィリアム・ブレイク――言語芸術と視
 覚芸術の総合的表現の探求者/他
9. 教育・スポーツ
 教育システム(教育制度)/パブリック・スクール/グランドツアー/オックスフォード大学――変貌する
 学問の聖地/ケンブリッジ大学――800年の歴史の重み/他
10.哲学・思想
 トマス・モア――ユートピアの創始者/ジョン・ロック――経験主義と市民政府の擁護者/アイザック・ニ
 ュートンとロバート・フック/フランシス・ハチソン――道徳感覚と美の感覚の人類普遍性を提唱した哲学
 者/デイヴィッド・ヒューム――世界中にファンをもつ愛すべき哲学者/他
11.歴史・王室
 ブリテン島のケルト人/ローマ人のブリテン/アングロ・サクソンのイングランド/キリスト教の伝播/ノ
 ルマン征服/他
12. 日英関係
 日英交流の始まり/19世紀の日英関係/20世紀の日英関係/ウィリアム・アダムス(三浦按針)/ジョン・
 セーリスとリチャード・コックス/他 
13.スコットランド
 先史時代の文化/ハイランドとローランド/スコットランドの言語/ゲール文化の伝統/城郭と大邸宅/他
14.ウェールズ
 ウェールズの成立/ウェールズ最後の大公サウェリン/イングランドによる抑圧/ウェールズ復興――鉄鋼
 業の繁栄と文化の再評価/現代のウェールズの諸相/他
15.北アイルランド
 北アイルランドの人的資源と風土的資源/北アイルランドの制度・慣行・労働/北アイルランド国家の成立
 /北アイルランド紛争/「紛争」和解の試みと「和平合意」/他
付録
【付録1】イギリス全体地図+ロンドン市内地図
【付録2】イギリス文化略年表
【付録3】歴代国王一覧
【付録4】世界遺産リスト
【もっと知りたい人のための読書ガイド】 

定価:本体20,000円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料