数学は役に立っているか?

数学は役に立っているか?

『数学が経済を動かす』 日本企業篇
著者名 儀我 美一
小林 俊行
発行元 丸善出版
発行年月日 2010年12月
判型・装丁 四六 188×128 / 並製
ページ数 194ページ
ISBN 978-4-621-06130-5
Cコード 3041
ジャンル 数学・統計学 >  数学読み物 >  その他数学読み物
数学・統計学 >  シリーズ数学・統計学 >  数学クラブ

内容紹介

時代の変化に強い企業、国際競争力の強い企業、長い年月にわたって活躍している企業は、なぜ数学を大切にしてきたのか。日本を代表する企業・組織のトップ14人が《わが社で数学が大事な理由》をテーマに書き下ろし。トップの生の声を集めた本邦初の企画。

目次

数学者とトヨタ自動車会長との対話「考えて考え抜くこと」小林俊行(数学者・東京大学教授) 張富士夫(トヨタ自動車 会長)
金融の世界で数学が重要な理由 安田雄典(BNPパリバ証券会社 前日本代表)
生命保険経営は、数学に支えられている 宇野郁夫(日本生命 会長)
経営における数学の貢献、そして感謝 長谷川閑史(武田薬品工業 代表取締役社長)
数学的思考と経営ビジョン 和田紀夫(日本電信電話株式会社 取締役会長)
金融における数学の役割 渡部賢一(野村ホールディングス株式会社 執行役社長兼CEO)
数学は企業文化の原点 堀場厚(堀場製作所 代表取締役会長兼社長)
経営の革新に貢献する数学 蛭田史郎(旭化成 最高顧問)
数学への恩返し 下川フェローシップ 浜田達夫(日本情報産業 顧問)
鉄道システムの技術開発を支える数学 正田英介(鉄道総合技術研究所 会長)
数学は経営にとって必須である 堀紘一(ドリームインキュベータ 代表取締役会長)
わが国石油・天然ガス開発産業における数学の役割 河野博文(石油天然ガス・金属鉱物資源機構 理事長)
企業における数学 数学は何を記述するか 岩根和郎(岩根研究所 代表取締役社長)
私と数学 与謝野馨

関連商品

定価:本体1,400円+税