新版 測量学

新版 測量学

著者名 森 忠次 校閲
田村 正行
須﨑 純一
発行元 丸善出版
発行年月日 2016年09月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 364ページ
ISBN 978-4-621-08748-0
Cコード 3051
ジャンル 土木・建築
土木・建築 >  土木 >  測量・計測

内容紹介

本書は、旧版の『改訂版 測量学1 基礎編』(2001年)に基づいて、適宜『同 2応用編』(2002年)の内容を取り入れ、大学や高等専門学校で、1学期(半年間)で測量学の基礎を習得できるように編集・改訂したもの。誤差および最小二乗法、距離測量、水準測量、角測量、多角測量、三角測量および三辺測量、GNSS測量、平板測量と地形測量、そして写真測量に至るまで、近年の著しいディジタル化に対応した好評教科書の最新改訂版。測量方法の基礎から応用を、平易かつ簡潔に解説。

目次

第1章 測量学の内容と測量体系 
 1.測量学の内容
 2.地球の大きさと形
 3.測量の基準と位置の表示
 4.地図と座標系
 5.わが国における測量事業と基準点測量の成果
 6.測量作業
第2章 誤差および最小二乗法
 1.観測と誤差
 2.誤差の法則
 3.誤差伝播の法則
 4.複観測
 5.観測値の性質
 6.最小二乗法の原理
 7.独立直接観測の調整
 8.独立間接観測の調整
 9.条件付き独立直接観測の調整(独立間接観測への変換)
 10.条件付き独立直接観測の調整(未定乗数法)
第3章 距離測量の器械と測量方法
 1.概説
 2.巻尺
 3.巻尺による距離測量の実行法
 4.距離測量のみによる小規模平面測量
 5.光波測距儀による距離測量
 6.距離の略測と間接距離測量
第4章 水準測量の器械と測量方法
 1.概説
 2.直接水準測量の器械
 3.レベルの構造要素
 4.器械の検査と調整
 5.直接水準測量の方法と用途
 6.直接水準測量における誤差
 7.1つの路線の直接水準測量の調整
 8.直接水準測量網の調整――図形調整法と座標調整法
 9.交互水準測量
 10.三角水準測量
第5章 角測量の器械と測量方法
 1.概説
 2.セオドライト
 3.セオドライトによる角観測作業の原則
 4.セオドライトによる水平角の測量方法
 5.セオドライトによる高低角(天頂角)の測量方法
 6.セオドライトの検査と調整
 7.セオドライトによる水平角観測誤差とその消去法
 8.偏心補正
 9.方位角観測
 10.セオドライトによるスタジア測量
 11.直線の延長と角の測設
第6章 多角測量
 1.多角測量[トラバース測量]
 2.測量計画と観測の準備
 3.観測
 4.成立条件
 5.近似的図形調整法
 6.精度と測量方法
第7章 三角測量および三辺測量
 1.三角測量概説
 2.測量計画と観測
 3.交会法
 4.三角図形と単列三角鎖の誤差
 5.三角測量の図形調整法の概要
 6.四辺形の調整
 7.2基線間の単列三角鎖の調整
 8.三辺測量
第8章 GNSS測量
 1.概説
 2.衛星から受信機までの距離の観測(GPSの場合)
 3.単独測位とディファレンシャル測位(DGPS)
 4.干渉測位
 5.GNSSによる基準点測量
第9章 平板測量と地形測量
 1.概説
 2.平板
 3.平板の据付け方
 4.平板による測量方法
 5.平板の備えるべき条件
 6.平板測量の誤差(視準板付きアリダードの場合)
 7.平板測量作業
 8.地形測量
第10章 写真測量
 1.概説
 2.写真による位置の決定
 3.写真の位置ずれの修正
 4.実体視
 5.実体測定
 6.図化機とディジタル写真測量
 7.空中写真測量――写真の標定
 8.空中写真測量作業
 9.地上写真測量と近距離写真測量
付録I.ベクトルによるスカラー関数の偏微分
付録II.重み付き残差二乗和の期待値
付録III.共線条件式

定価:本体3,800円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料