プロセス化学 第2版

プロセス化学 第2版

医薬品合成から製造まで
原書名 Practical Process Research & Development A guide for organic chemists Second Edition
著者名 村瀨 徳晃 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2014年03月
判型・装丁 A5 210×148 / 並製
ページ数 608ページ
ISBN 978-4-621-08815-9
Cコード 3047
ジャンル 化学・化学工学 >  有機化学
医学・薬学 >  薬学

内容紹介

「小分子」の合成に向けた医薬品プロセス研究開発のための、包括的な段階を追って示した手引書。著者の豊富な経験に基づき実例を多く挙げ、実践的な解決法、“コツ”を解説している。第2版では、初版から内容を全面的に刷新。とくに“安全性”、“簡便で頑健性のある製造法への改良”、“プロセスバリデーションと製造の実施”の章を新設。また、遺伝毒性不純物、生体触媒、有機金属反応なども新たに取り上げ、合成経路の選択、後処理、結晶化、結晶多形、グリーンケミストリーなどの昨今ますます重要になっているポイントは内容を充実させて解説している。 プロセスケミスト必読の書。また、有機合成化学を学ぶ大学院生にも応用を知る有用な教科書としてぜひ手にとっていただきたい書。

目次

1章 はじめに
2章 プロセスの安全性
3章 合成経路の選択
4章 試薬の選択
5章 溶媒の選択
6章 水の影響
7章 工程内分析,工程内管理,規格
8章 スケールアップのための実践的な考慮事項
9章 不純物を最少にするプロセスの最適化
10章 有機金属反応の最適化
11章 後処理
12章 結晶化と精製
13章 最終生成物の形態と不純物
14章 連続プロセス
15章 簡便で頑健性のある製造法への改良
16章 プロセスバリデーションと製造の実施
17章 トラブルシューティング

定価:本体9,800円+税
在庫:在庫あり