第4版 カールソン 神経科学テキスト

第4版 カールソン 神経科学テキスト

脳と行動
原書名 Physiology of Behavior 11th Edtion
著者名 泰羅 雅登 監訳
中村 克樹 監訳
発行元 丸善出版
発行年月日 2013年05月
判型 B5 257×182
ページ数 770ページ
ISBN 978-4-621-08670-4
Cコード 3047
ジャンル 医学・薬学 >  基礎医学 >  神経科学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  神経内科学
医学・薬学 >  臨床医学・内科系 >  精神医学

内容紹介

ヒトのさまざまな行動に脳がどのように関与し、いかに脳機能と情動が人間の振る舞いに影響を与えるのかを徹底考究する本書は、版を重ねるたび人類の英知を結集して、いまや神経科学の聖典となった。本書はカールソンという知の探究者によって単独執筆され、解剖学・生理学・心理学・行動科学・生物学・遺伝学・生化学などの知見を駆使し、その豊富な臨床例と最新の研究結果の蓄積量,ビジュアル解説においても他を寄せ付けない。医学・薬学・生命科学、心理学・人間科学を学ぶ学部学生や大学院生・研究者はもちろんのこと、臨床心理士、言語・理学・作業療法士など、脳科学に関わるすべての人一度は読むべき体系的テキストである。

目次

1 序論 
2 神経系の細胞の構造と機能 
3 神経系の構造 
4 精神薬理学 
5 研究方法・戦略 
6 視覚 
7 聴覚,身体感覚,化学感覚 
8 運動の制御 
9 睡眠と生体リズム 
10 生殖行動 
11 情動 
12 食物摂取 
13 学習と記憶 
14 コミュニケーション 
15 神経疾患 
16 統合失調症,感情障害 
17 不安障害,自閉性障害,注意欠陥・多動障害,ストレス障害 
18 薬物濫用

関連商品

定価:本体18,000円+税
在庫:お問い合わせください

▼ 補足資料