クモはなぜ糸をつくるのか?

クモはなぜ糸をつくるのか?

――糸と進化し続けた四億年
原書名 Spider Silk Evolution and 400 Million Years of Spinning, Waiting, Snagging, and Mating
著者名 三井 恵津子
宮下 直 監修
発行元 丸善出版
発行年月日 2013年06月
判型 四六 188×128
ページ数 270ページ
ISBN 978-4-621-08638-4
Cコード 0045
NDCコード 485
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
生物・生命科学 >  生物一般 >  生物読み物

内容紹介

我々にとって身近な虫の一つであるクモ。いたるところにいるクモだが、その種の数は確認されただけでも総勢四万種。動物の中では三番目に種数が多い。また、クモは生き方も多様で、円い網を張るクモだけでなく、地下に潜んだり、糸を投げたり、擬態をしたり、糸で空を飛ぶものもいる。なぜ、クモはそんなにも繁栄できたのか。本書は、クモの糸を手がかりとして、クモの四億年の進化を、最新の分子生物学や生態学の知見をもとに紐解いていく。またその過程で、自然選択の理論や革新的な性質の起源についての分子的な仕組みなど、生物進化の醍醐味を集めた話題が続々と登場する。クモと糸の四億年の物語を通じて、自然の奥深さと、生命の進化の巧妙さを感じることができる一冊。

目次

第一章 化石
第二章 生きている化石
第三章 偶然と変化
第四章 外へ、上へと向かって
第五章 薄い空気を征服
第六章 小さな変化、大きな利益
第七章 回転し、走り、跳び、泳ぐ
第八章 より広い空間へ
第九章 因果関係
第十章 どうやって騙すか
第十一章 「完璧」を越えて
第十二章 数限りない種類

定価:本体2,300円+税
在庫:在庫あり