人文地理学事典

人文地理学事典

著者名 人文地理学会
野間 晴雄 編集委員長
水内 俊雄 副編集委員長
山野正彦 編集顧問
発行元 丸善出版
発行年月日 2013年10月
判型・装丁 A5 210×148 / 上製
ページ数 800ページ
ISBN 978-4-621-08687-2
Cコード 3525
ジャンル 人文科学 >  人文科学_総記・事典
人文科学 >  歴史学 >  人文地理学

内容紹介

人文地理学に軸足を置きながら、環境や自然にも目配りする懐の深いこの学問の魅力を中項目主義で提示。人文地理学の基本概念・重要概念を網羅し、先端研究テーマも取り込み、最新全体像が把握できる。GPS、GISなどの計量方法や地理環境と密接な経済・都市構造・歴史などの話題も満載。

目次

口絵
刊行にあたって
凡例
編集委員一覧
執筆者一覧
目次
見出し語五十音索引
第I部 学史と理論の系譜
人文地理学
地理学史と方法論
地理学と科学革命
探検・航海・自然誌・世界図
地理学と帝国主義
近代地理学の成立(ドイツ)
近代地理学の成立(フランス)
地理学とツーリズムの発達
地理学と環境論
産業立地論
中心地理論
地理学と地政学
アメリカ地理学における地域概念
文化生態学的地理学
計量革命
行動地理学とメンタルマップ
時間地理学
開発と環境問題
人文主義地理学
ラディカル地理学
文化論的転回とポストモダン地理学
フェミニスト地理学と批判地理学
コンピューターとGIS の発達
グローバリゼーションとローカリゼーション
前近代東アジアの地理学
明治・大正期の地理学(1)
明治・大正期の地理学(2)
昭和期の人文地理学(戦前)
昭和期日本の地理学界
大戦期日本の地政学
昭和期の人文地理学(戦後)
古地図研究と地理思想
第II部 基礎概念
地 域
空 間
スケール
中心と周辺
距 離
立 地
パターンとプロセス
景 観
風 景
場 所
境 界
領域性
環 境
風 土
自 然
地 誌
地 図
地 名
第III部 手法・ツール・スキル
1. フィールドワーク
2. 地図,カルトグラフィ
3. GIS,地理情報
4. 計量分析とモデリング
第IV部 社会・経済・政治・文化と地理学
1. 社会に向き合う地理学
2. 経済に向き合う地理学
3. 政治に向き合う地理学
4. 文化に向き合う地理学
第V部 地域にアプローチする地理学
1. 都市を研究する地理学
2. 農山漁村を研究する地理学
第VI部 歴史にアプローチする地理学
歴史地理学
遺跡・遺物と考古地理学
都城と国府
条里制と集村化現象
歴史都市の空間構造
近世・近代の水運と流通
町場と在郷
城下町
街道と古道
新田開発と集落
移民と植民
近代移行期の人口現象
近代の歴史地理学
近代都市の類型と発展
近代都市の内部構造
市町村制と地域の編成
近代植民地の都市と地域
都市史研究と地理学
第VII部 さまざまな事象・課題に取り組む地理学
1. 産業を対象とする地理学
2. 開発・計画を対象とする地理学
3. 交通を対象とする地理学
4. ツーリズム・観光を対象とする地理学
5. 福祉,社会保障を対象とする地理学
6. 人口問題を対象とする地理学
7. 環境を対象とする地理学
8. 災害や復興を対象とする地理学
第VIII部 地理教育
地理教育の理念・目標
地理教育史と地理教育論史
主要国の地理教育
地理教育のカリキュラム
地理学習の指導法
地図学習と地理的技能
情報活用と地理的技能
地理学習とフィールドワーク
地理の学力と評価
GIS 教育
環境教育
防災教育
【付録】日本の地理学関係学会とその英文名称・発行雑誌
和文引用文献
欧文引用文献
和文事項索引
欧文事項索引
和文人名索引
欧文人名索引
奥付

定価:本体20,000円+税

▼ 補足資料