電磁気学II
著者名 中山 恒義
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年09月
判型 A5 210×148
ページ数 176ページ
ISBN 978-4-621-08600-1
Cコード 3342
NDCコード 427
ジャンル 物理学 >  電磁気学
物理学 >  相対性理論
物理学 >  シリーズ物理学 >  パリティ物理教科書シリーズ

内容紹介

本巻ではマクスウェルの方程式の完成以降の電磁気学の進展を説明する。電磁波の伝搬や荷電粒子からの放射といった動的な電磁現象の代表例を図を多用しながら感覚的に理解できるよう解説。さらに、特殊相対論、ゲージ理論や超伝導体も扱い、電磁気学が現代物理学につながっていくさまも概観できる。

目次

1 電磁場の方程式
 1.1 アンペールの法則とファラデーの法則
 1.2 マクスウェルの方程式
 1.3 マクスウェルの方程式に対する付加条件
 1.4 一様な電磁場の中での荷電粒子
 1.5 波動方程式
 1.6 場のエネルギー
2 ポテンシャル関数とゲージ変換
 2.1 スカラーポテンシャルとベクトルポテンシャル
 2.2 ポテンシャル関数の一般系
 2.3 ゲージ変換
 2.4 電場の縦成分の起源
 2.5 電磁場の物理的性質
3 電磁波の放射
 3.1 波動方程式の解法
 3.2 発信アンテナ
 3.3 点電荷による遅延ポテンシャル
4 アインシュタインの特殊相対論
 4.1 光速度cの不変性
 4.2 ガリレオ変換と慣性系
 4.3 アインシュタインが考えたこと
 4.4 ミンコフスキー空間
 4.5 4元ベクトル表記
 4.6 相対論での質点の運動方程式
 4.7 電磁場のもとでの相対論的運動方程式
 4.8 等速運動している荷電粒子がつくる電磁場
 4.9 チェレンコフ放射
5 導体と電磁波
 5.1 導体内部での電磁場
 5.2 導波管
6 磁性体と超伝導体の電磁気学
 6.1 磁性体
 6.2 超伝導体の磁気的性質
 6.3 第Ⅰ種と第Ⅱ種超伝導体
 6.4 第Ⅱ種超伝導体の磁気的性質
 6.5 ゲージ対称性の自発的破れ
 6.6 おわりに

付録A ベクトル解析の公式
付録B SI単位系とcgs単位系の関係

関連商品

定価:本体2,400円+税
在庫:在庫あり