無機化学

無機化学

著者名 平野 眞一
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年07月
判型 A5 210×148
ページ数 180ページ
ISBN 978-4-621-08558-5
Cコード 3343
ジャンル 化学・化学工学 >  無機化学 >  基礎無機化学

内容紹介

無機化学の基礎事項を網羅し、簡潔に解説した教科書。 本書は基礎編と応用編からなり、基礎編では、物質を構成する原子の構造を理解することからはじめ、原子間の結合の様式が反映する物質の構造と固体の化学的性質、溶液状態のイオン挙動について、応用編では、元素状態の特性に留まらず、私たちの身近な生活に無機材料がどう応用されているのか解説した。新しい電池材料などの無機材料が,生活を支える基盤となっているいまこそ、新しいアイデアを発想し、応用技術へと活かす基礎体力を本書で養ってほしい。

目次

基礎編
1章 原子の構造
 1.1 原子とは
 1.2 原子核の放射性壊変
 1.3 水素原子模型
  1.3.1 水素の原子スペクトル
  1.3.2 ボーアの水素原子模型
  1.3.3 波動力学
  1.3.4 水素原子の軌道関数
 1.4 周期表
 1.5 イオン化エネルギー
 1.6 電気陰性度
2章 化学結合
 2.1 分子軌道関数
 2.2 軌道関数の混成
 2.3 分子の形
3章 固体化学
 3.1 結晶構造
 3.2 イオン性結晶
 3.3 金属・半導体
4章 溶液の化学
 4.1 溶媒
 4.2 酸・塩基の定義
  4.2.1 アレニウスの理論
  4.2.2 ブレンステッド‐ローリーの理論
  4.2.3 ルイスの理論
 4.3 イオン平衡
  4.3.1 弱電解質の電離平衡
  4.3.2 塩の加水分解
  4.3.3 緩衝溶液
  4.3.4 溶解度積
 4.4 HSAB
 4.5 錯体の化学
  4.5.1 錯体とは
  4.5.2 錯体の命名法
  4.5.3 配位化合物の異性現象
  4.5.4 溶液中での錯形成反応
  4.5.5 錯体の反応
  4.5.6 配位子場理論
5章 電気化学と酸化還元
 5.1 電解質溶液
  5.1.1 溶液の電気伝導率
  5.1.2 イオンの移動と輸率
 5.2 電池の起電力
  5.2.1 ダニエル電池
  5.2.2 半電池の種類
  5.2.3 標準電極電位
  5.2.4 起電力と活動度
  5.2.5 起電力測定の応用
各論編
6章 典型元素
 6.1 水素(H)
 6.2 1族元素
 6.3 2族元素
  6.3.1 ベリリウム(Be)
  6.3.2 マグネシウム(Mg)
  6.3.3 カルシウム(Ca),ストロンチウム(Sr),バリウム(Ba)
 6.4 13族元素
  6.4.1 ホウ素(B)
  6.4.2 アルミニウム(Al)
 6.5 14族元素
  6.5.1 炭素(C)
  6.5.2 ケイ素(シリコン:Si)
  6.5.3 ゲルマニウム(Ge),スズ(Sn),鉛(Pb)
 6.6 15族元素
  6.6.1 窒素(N)
  6.6.2 リン(P)
  6.6.3 ヒ素(As),アンチモン(Sb)
  6.6.4 ビスマス(Bi)
 6.7 16族元素
  6.7.1 酸素(O)
  6.7.2 カルコゲン(硫黄(S),セレン(Se),テルル(Te),ポロニウム(Po))
 6.8 17族元素:ハロゲン元素(halogens)
  6.8.1 ハロゲン化水素
  6.8.2 ハロゲン化物
  6.8.3 ハロゲンの酸化物および酸素酸
  6.8.4 ハロゲン間化合物 
 6.9 18族元素:希ガス 
7章 遷移元素
 7.1 11族元素
  7.1.1 銅(Cu)
  7.1.2 銀(Ag)
  7.1.3 金(Au) 
 7.2 12族元素  
 7.3 3dグループ遷移元素
  7.3.1 チタン(Ti)
  7.3.2 バナジウム(V)
  7.3.3 クロム(Cr)
  7.3.4 マンガン(Mn)
  7.3.5 鉄(Fe)
  7.3.6 コバルト(Co)
  7.3.7 ニッケル(Ni)  
 7.4 4d・5dグループ遷移元素
  7.4.1 ジルコニウム(Zr)・ハフニウム(Hf)
  7.4.2 ニオブ(Nb)・タンタル(Ta)
  7.4.3 モリブデン(Mo)・タングステン(W)
  7.4.4 テクネチウム(Tc)・レニウム(Re)
  7.4.5 白金族金属
  7.4.6 3族遷移元素
  7.4.7 アクチノイド
[かこみ記事]
 日本での素粒子物理学のみち  
 化学結合の極性の方向を見積る 
 イオン性結晶の格子エネルギーを求める
 充放電可能な電池の開発-エネルギー問題の解決に向けて-  
 光の吸収  
 メモリー効果  
 電気自動車の将来を支える無機材料  
 エレクトロクロミック素子  
 白金系触媒:炭素‐炭素直接結合への新展開  
 希土類元素の資源問題  

関連商品

定価:本体2,900円+税
在庫:在庫あり