ウェブらしさを考える本

ウェブらしさを考える本

つながり社会のゆくえ
著者名 大向 一輝
池谷 瑠絵
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年04月
判型 新書 174×112
ページ数 208ページ
ISBN 978-4-621-05381-2
Cコード 0255
NDCコード 007
ジャンル 電気・電子・情報工学 >  シリーズ電気・電子・情報工学 >  情報研シリーズ
新書 >  丸善ライブラリー

内容紹介

ウェブはティム・バーナーズ=リーというひとりの人物によってつくられた。それから20余年を経た現在、ウェブ以前にはなかった新しい価値観やルールが現実世界に大きな影響を与えている。メディアとして、コミュニケーション・ツールとして、ウェブは本質的にどのような特徴を持っているのか。そして、我々はそれをどのように使いこなすことができるのか。さまざまな角度から「ウェブらしさ」を考える。

目次

第一章 ウェブのある世界で
第二章 ウェブとどうつきあうか
第三章 ウェブはつくられたもの
第四章 情報の発見と発信
第五章 リアルタイムでつながる社会
第六章 リアルな共有体験
第七章 ウェブらしさのデザイン

関連商品

定価:本体760円+税
在庫:お問い合わせください