グラフィックスのためのRプログラミング

グラフィックスのためのRプログラミング

原書名 ggplot2
著者名 石田 基広
石田 和枝
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年07月
判型 B5変
ページ数 238ページ
ISBN 978-4-621-06135-0
Cコード 3041
ジャンル 数学・統計学 >  確率・統計
数学・統計学 >  数値解析

内容紹介

Rとは、S言語をモデルとして1992年頃に誕生して以来、進化を続けるオブジェクト指向のプログラミング言語であり、統計的手法とグラフィックス作成機能をも兼ね備えた開発環境である。Rは誰でも自由に最新版をダウンロードして自由に利用することができるソフトウェアで、日本を含め世界中に多数のユーザーがいる。本書はRユーザーの間での注目度がにわかに高まってきているRのグラフィックス機能を拡張する「ggplot2」パッケージの解説書。ggplot2は洗練されたグラフィックス機能を提供するが、基本となる関数は二つに集約。基本関数で作成したプロットを拡張したい場合には「レイヤー」を追加するという手法をとる。本書では、初級者向けにggplot2で何ができるのか、どのように実現するのかを実例を豊富に使って説明。さらに中・上級者向けには、グラフィックスをカスタマイズする技法についても解説。

目次

第1章 はじめに
第2章 qplot() 関数を使ってみる
第3章 文法を習得する
第4章 レイヤーを重ねてプロットを作成する
第5章 ツールボックス
第6章 スケール,軸と凡例
第7章 位置調整
第8章 プロットを出版向けにブラッシュアップ
第9章 データ操作
第10章 重複を減らす
補遺A 異なるシンタックス同士の変換
補遺B 審美的属性の指定
補遺C gridパッケージによるプロット操作

定価:本体4,000円+税
在庫:在庫あり