医療情報

医療情報

著者名 シリーズ生命倫理学編集委員会
板井 孝壱郎 責任編集
村岡 潔 責任編集
発行元 丸善出版
発行年月日 2013年09月
判型 A5 210×148
ページ数 276ページ
ISBN 978-4-621-08493-9
Cコード 3347
ジャンル 医学・薬学 >  医学一般 >  医療倫理
医学・薬学 >  シリーズ医学・薬学 >  シリーズ生命倫理学 全20巻

内容紹介

現代社会は、今や「ユビキタス社会」へと進展しようとしている。ITと結びついた医療情報の活用への大きな期待と同時に、さまざまな倫理的問題の発生も懸念されている。本巻は、「医療情報社会」のリアルな姿を浮き彫りにすることを目指した。そしてまた、単に電子ネットワーク上のものとしてのみ捉える立場からではなく、患者を中心に据えた医療での「医療情報」の持つ本質的意味について、哲学的・倫理学的観点から根本的に問い直すべく論じている。

目次

第1章 医療情報と生命倫理 
 1 「医学(医療)」・「コンピュータ・サイエンス」・「倫理学」の交差領域
 2 「コンピュータ倫理」の課題
 3 コンピュータ倫理と生命・医療倫理との「邂逅」
 4 「電子医療情報社会」における倫理的問題
 5 「医療情報システム」をめぐる光と陰
 6 「医療情報システム」は“人間の頭脳”たりうるか?
第2章 医療における情報リテラシー
 1 医療情報とは何か?
 2 患者—医療者関係と医療情報
 3 現代医療と工学モデル
 4 患者—医療者関係における患者の権利と義務
 5 補遺:医療者間における医療情報の伝達・交換 
第3章 診療情報――法的観点から
 1 診療情報の範囲と特性
 2 守秘(秘密保持)義務(confidentiality)
 3 医療・診療情報の説明・提供・開示
 4 医療・診療情報の利用・活用
 5 守秘義務から,個人情報の保護へ
 6 個人情報保護法の枠組み
 7 個人情報保護法の施行とガイドライン
 8 医療情報の変更—改ざん
第4章 診療情報――臨床現場の視点から
 1 診療情報とは
 2 診療情報の非客観性
 3 診療情報の利用
 4 個人情報保護の視点から見た診療情報の取り扱いの課題
 5 診療情報の電子化における利点と問題点
第5章 看護情報
 1 看護情報
 2 臨床看護における情報活用
 3 看護情報システム
 4 看護情報学について
第6章 薬害と医薬品情報
 1 知識不全の帰結としての薬害
 2 医薬品情報の流通過程とその問題点
 3 事例検討
 4 医学・薬学知識を問う
第7章 科学的根拠に基づく医療(EBM)と倫理的臨床判断
 1 EBMとは何か?
 2 科学的根拠は何を提示しているのか?
 3 再び,EBMとは何か?
 4 EBMが持つ倫理的側面から見た問題点
第8章 医療情報システム・電子カルテ
 1 医療情報システムの歴史
 2 医療情報システムの利用に関する倫理
 3 患者情報を護るための倫理
 4 情報リテラシー教育
第9章 医療情報と医療過誤
 1 医療情報とは何か
 2 医療リスクマネジメント
 3 医療情報と医療事故
 4 医療安全と医療情報管理 
第10章 医師―患者関係とインフォームド・コンセント
 1 権力現象としての医師—患者関係
 2 医師の専門家支配の構造
 3 医師の権力の抑制
 4 医師の専門家支配の正当化
第11章 医療情報と権力
 1 インフォームド・コンセントと医療情報
 2 プライバシー権と情報のコントロール
 3 医療情報とビッグデータ
 4 現代社会における医療情報と監視
 5 医療情報とリスクの医学
第12章 ヘルスコミュニケーションの生命倫理学
 1 ヘルスコミュニケーション倫理の広がり
 2 ヘルスコミュニケーションを定義する
 3 ヘルスプロモーションにおけるコミュニケーションの位置
 4 コミュニケーション主体の形成と倫理
 5 患者集団
 6 生命倫理研究者への提言

関連商品

定価:本体5,800円+税
在庫:在庫あり