「地球温暖化」神話

「地球温暖化」神話

終わりの始まり
著者名 渡辺 正
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年03月
判型・装丁 四六 188×128 / 並製
ページ数 258ページ
ISBN 978-4-621-08517-2
Cコード 0040
ジャンル 科学一般 >  科学読み物
環境科学・生活科学 >  環境科学 >  環境一般

内容紹介

二酸化炭素(CO2)の排出を減らして「地球温暖化」を防ごう——そんな触れこみの京都議定書が発効したのは2005年の2月のこと。では、この6年余りに、CO2対策にお金(と時間・労力)をいくら使い、どんな成果をあげたのだろうか。財政危機が叫ばれるなか、わが国だけで官民合わせ20兆円、世界では100兆と推定される。しかし、これらの巨費でCO2はまったく減らなかったし、地球を0.001℃も冷やさなかった。 本書は、地球温暖化の実態を国際機関、大学のデータベース学術論文などに基づいて論じている。果たして、CO2削減は必要なのか、CO2の増加は環境の悪化を招くのか、削減のために投じてきた巨費は妥当なのか。 本書を読んで、ご自身で判断いただきたい。

目次

1章 CO2の調書①―悪い噂
2章 CO2の調書②―善行録
3章 「地球」温暖化?
4章 CO2の「温暖化力」
5章 つくられた「地球の異変」
6章 繰り返す気温変動
7章 激震―クライメートゲート事件
8章 IPCCは解体せよ
9章 CO2削減という集団催眠
10章 再生可能エネルギー?
終章 狼少年

定価:本体1,800円+税
在庫:在庫あり