先端医療

先端医療

著者名 シリーズ生命倫理学編集委員会
霜田 求 責任編集
虫明 茂 責任編集
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年07月
判型 A5 210×148
ページ数 274ページ
ISBN 978-4-621-08489-2
Cコード 3347
ジャンル 医学・薬学 >  医学一般 >  医療倫理
医学・薬学 >  シリーズ医学・薬学 >  シリーズ生命倫理学 全20巻

内容紹介

本巻のテーマ「先端医療」の中心をなすのはゲノム遺伝子医療と再生医療であり、それらに関連する生殖補助医療、移植医療、脳神経科学、臨床医工学を含めて、医学研究の前線=フロンティアに位置する分野では、世界各国で熾烈な研究開発競争が繰り広げられている。それぞれの分野の現状と課題を整理しつつ、法規制および倫理・社会的諸問題について検討する。

目次

第1章 先端医療をめぐる倫理
 1 先端医療の概観
 2 先端医療をめぐる倫理的枠組み
 3 先端医療における倫理的扱い
 4 先端医療をめぐる倫理的課題
第2章 先端医療をめぐる法と政策
 1 日本における議論と対応の計経緯
 2 フランスにおける法と政策の体系化
 3 日本において取り組むべき課題
第3章 ES細胞と生命の発生
 1 ES細胞とはどのような細胞か
 2 受精卵・胚研究の倫理的問題
 3 ヒト受精卵・胚はいかなる道徳的地位をもつか
 4 ひとの生命はいつ始まるのか
 5 ヒトES細胞研究をめぐる日本の状況
 6 ES細胞研究をめぐる今後の展開
第4章 幹細胞医療
 1 幹細胞の種類とその細胞特性
 2 幹細胞医療の現状
 3 幹細胞医療の倫理的問題点と今後の方向性
第5章 クローン・キメラ・ハイブリッド
 1 クローン
 2 キメラ・ハイブリッド
第6章 人工臓器
 1 ある人工臓器が臨床しゆ可能となるまでの倫理
 2 市販後の倫理(製品の安全確保と使用の安全確保など)
 3 Terminate(人工臓器使用打ち切り)の条件
第7章 脳と倫理――ニューロエシックスの諸問題
 1 脳神経系をめぐる倫理
 2 脳神経系をめぐる倫理問題
 3 脳神経科学技術のガバナンス
第8章 脳と精神 
 1 機能局在と神経画像研究
 2 神経画像法の分類
 3 PETによる分子イメージング
 4 損傷研究という方法
 5 損傷研究の盲点
第9章 脳と行動
 1 神経科学は先端的か
 2 脳への物理的介入
 3 脳への化学的介入
 4 最近のトピック
第10章 脳と社会――自由意思と責任をめぐる実践のゆくえ
 1 自由意志は存在しない?
 2 脳神経科学と自由意志
 3 最近のトピック    
第11章 パーソナルゲノム解読の倫理的・社会的課題
 1 考慮すべきポイント
 2 プライバシーの保護・データの共有
 3 国際研究プロジェクトおよび欧米のプロジェクトにおける対応
 4 日本における取組み
 5 今後の課題
第12章 ナノ医療 
 1 ナノテクノロジーとDDS
 2 薬物キャリアとしてのナノマテリアル
 3 ナノ粒子を用いたターゲティング
 4 細胞内への薬物送達と細胞内薬物動態制御
 5 ナノテクノロジーを利用した先端医療

関連商品

定価:本体5,800円+税
在庫:在庫あり

▼ 補足資料