技術者倫理 日本の事例と考察

技術者倫理 日本の事例と考察

問題点と判断基準を探る
著者名 公益社団法人 日本技術士会登録技術者倫理研究会 監修
田岡 直規 編著
橋本 義平 編著
水野 朝夫 編著
発行元 丸善出版
発行年月日 2012年01月
判型 A5 210×148
ページ数 320ページ
ISBN 978-4-621-08512-7
Cコード 3050
ジャンル 科学一般
機械・金属・材料 >  機械工学一般
人文科学 >  倫理学 >  応用倫理

内容紹介

日本の事例を取り上げて分析する技術者倫理の事例集。 これまでの技術者倫理の事例は、アメリカNSPEの翻訳か、土木、農学など業種を絞って解説とともに事例分析を行ったものしかなかった。本書では、日本技術士会の編纂により、多岐の技術分野にわたり、重要な倫理問題となった事例を取り上げ、「事実関係の概要と経緯」「争点」「判断基準」「考察」「結論」というフォーマットに則った構成で、わかりやすく解説。はじめに日本特有の倫理的背景や組織の状況などについて解説し類型化したうえで、具体的な事例を取り上げて考察・分析。

目次

第1章 技術者の倫理ナビゲーション
第2章 事例――原則で分ける 
 2.1 公衆優先原則
 2.2 持続性原則
 2.3 有能性原則
 2.4 真実性原則
 2.5 誠実性、正直性原則
 2.6 専門職原則
第3章 事例――義務で分ける
 3.1 注意義務
 3.2 規範遵守(コンプライアンス)義務
 3.3 環境配慮義務
 3.4 継続学習義務
 3.5 情報開示義務(説明責任)
 3.6 忠実義務
 3.7 守秘義務
 3.8 自己規制義務
 3.9 協同義務

定価:本体3,000円+税
在庫:在庫あり