平成24年1月 鉄道構造物等設計標準・同解説

平成24年1月 鉄道構造物等設計標準・同解説

土留め構造物
著者名 国土交通省鉄道局 監修
鉄道総合技術研究所
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年12月
判型 B5 257×182
ページ数 424ページ
ISBN 978-4-621-08417-5
Cコード 3351
ジャンル 土木・建築 >  シリーズ土木・建築 >  鉄道構造物等設計標準・同解説

内容紹介

国土交通省鉄道局長が通達する「鉄道構造物等設計標準」に鉄道総合技術研究所が実務に則した解説を加えるシリーズ。本書は土留め構造物(抗土圧構造物と補強土構造物)の設計に全面的に性能照査型設計法を導入した書籍。さらに最新の地盤調査法や工事施工法に対応するとともに、高性能材料・新工法についても詳しく解説。また、内容上の大きな特徴として、従来別に扱われていた抗土圧構造物と補強土構造物を比較・選定が容易にできるよう等価な照査指標により評価できるようにしたこと、擁壁と橋台に関し地震時の応答特性を考慮した土構造物・橋梁との連続的な設計体系としたこと、背面盛土についても材料・締固め・排水に関し、施工に配慮した設計体系としたことが挙げられる。

目次

第I編 総論
 1章 総則
  1.1 総則
  1.2 調査
  1.3 構造計画
 2章 設計の基本
  2.1 設計の目的
  2.2 設計の前提となる施工および維持管理の条件
  2.3 設計耐用期間
  2.4 設計上の地盤面
  2.5 設計計算の制度
  2.6 設計図書に記載すべき事項
 3章 要求性能と性能照査
  3.1 一般
  3.2 要求性能
  3.3 性能照査の原則
  3.4 性能照査の方法
  3.5 安全性
  3.6 使用性
  3.7 復旧性
  3.8 耐久性
  3.9 安全係数
  3.10 修正係数
 4章 作用
  4.1 一般
  4.2 作用の特性値
  4.3 作用係数
  4.5 設計作用の組合せ
 5章 材料および地盤
  5.1 一般
  5.2 コンクリート,鋼材等
  5.3 支持地盤
  5.4 背面盛土
  5.5 背面地山
  5.6 盛土補強土擁壁に用いる盛土補強材
  5.7 切土補強土擁壁に用いる地山補強材
  5.8 補強土橋台に用いる補強材
  5.9 補強土台のアプローチブロック
 6章 応答値の算定
  6.1 一般
  6.2 土留め構造物のモデル化
  6.3 土留め構造物の設計応答地の算定
 7章 施工および維持管理
  7.1 一般
  7.2 施工
  7.3 維持管理
第II編 各論
 8章 擁壁(抗土圧擁壁・盛土補強土擁壁・切土補強土擁壁)
  8.1 一般
  8.2 抗土圧擁壁
  8.3 盛土補強土湯壁
  8.4 切土補強土擁壁
 9章 橋台(抗土圧橋台・補強土橋台)
  9.1 一般
  9.2 抗土圧橋台
  9.3 補強土橋台
付属資料
 1.本標準に関わる従来までの設計標準等の経緯
 2.ボックスカルバートの設計
 3.地形による地下水の特色について
 4.もたれ式擁壁(もたれ壁)の設計
 5.水圧の影響について
 6.土圧算定に用いる背面盛土の土質諸数値について
 7.主働土圧係数表
 8.上積荷重の影響による土圧の分布形状
 9.補強材の試験方法および実施例
 10.地山補強材における定着材について
 11.抗土圧擁壁の地震時変形量の算定法と試計算
 12.擁壁背面の表面形状が複雑な抗土圧擁壁に作用する土圧の簡易算定法
 13.盛土補強土湯壁の地震時変形量の算定方法と試計算例
 14.切取り土留め壁の変遷
 15.切土補強土擁壁の開発概要
 16.主な地山補強土工法の種類
 17.地山補強土工法における変形・破壊形態
 18.地山補強材の補強効果に関する補正係数
 19.断熱材による凍上対策工
 20.地山補強材の引抜き特性について
 21.抗土圧橋台の背面盛土上の制動荷重等の取扱い
 22.アプローチブロックを考慮した主働土圧の簡易算定法
 23.土留め構造物近傍の地震時地盤変位の算出方法
 24.盛土補強材と壁体コンクリートの定着強度について
 25.補強土橋台の施工時の安定に対する検討および地震時の長尺補強材の破断に対する検討
 26.セメント改良アプローチブロック中の補強材引抜き試験
 27 セメント改良補強土橋台の静的非線形解析による土質諸数値の検討
 28.セメント改良補強土橋台の現地水平載荷試験
 29.GRS一体橋梁(ジオシンセティックス補強土一体橋梁)の開発経緯および模型振動実験について
 30.セメント改良礫質土の強度特性について

関連商品

定価:本体13,000円+税
在庫:在庫あり