ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング

ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング

よりよいデザインを生み出すストーリーの作り方と伝え方
原書名 Storytelling for User experience
著者名 UX TOKYO
発行元 丸善出版
発行年月日 2011年12月
判型 A5 210×148
ページ数 320ページ
ISBN 978-4-621-08459-5
Cコード 3055
NDCコード 548
ジャンル 電気・電子・情報工学 >  情報・コンピュータ >  情報・webデザイン

内容紹介

ストーリーを活かしてユーザーの体験から製品・サービスおよびその開発プロセスを変える ストーリーテリングとは物語や出来事を言葉や音声、イメージなどを使って伝えるための技法で、古来から文化や教訓の伝達などいろいろな場面で用いられている。近年、ストーリーテリングはその活躍の場を広げ、ビジネスの世界でも使われるようになってきた。 本書では、ユーザーの利用シーンやインサイト、そしてデザインのアイデアを伝えるための方法として、ストーリーテリングを紹介。ストーリーの集め方にはじまり、ストーリーの作り方、そしてそのストーリーをビジネスオーナーやプロジェクトメンバー、ユーザーといった様々なオーディエンスにどのように伝えていくかについて、効果的なプレゼンテーション方法を交えて、豊富な事例(ストーリー)とともに解説。

目次

本書の使い方  ⅸ
FAQ  ⅹⅰ
ストーリーのリスト  ⅹⅷ
日本語版資料1 ユーザエクスペリエンスとストーリ  ⅹⅹⅱ
日本語版資料2 ストーリーテリングのプロセス  ⅹⅹⅴ

1章 なぜストーリーなのか?  1
   ストーリーとは何なのでしょうか?  4
   UXデザインには様々な種類のストーリーがあります  5
   仕事が増える?そんなことはありません!  10
   1章の関連文献  11
   1章のまとめ  11

2章 UXストーリーの効果  13
   ストーリーは単なる語りではありません  17
   UXデザインにおけるストーリーには様々な役割があります  21
   信じられないかもしれませんが…  28
   2章のまとめ  30

3章 ストーリーは聞くこと、そして観察することから始まる  31
   UXデザインには「よく聞く」という能力が必要です  33
   リスニングと観察がより良い理解をもたらします  35
   話を聞いてもらうことには中毒性があります  39
   よい聞き手になるための学習  40
   あなたのチームに聞くことを教えましょう  42
   3章の関連文献  44
   3章のまとめ  44

4章 ストーリーの倫理  45
   よいリサーチ倫理 ― よいストーリーテーリング  46
   専門家協会が、ストーリーのために妥当な倫理を与えてくれます  47
   あなた自身の影響力を認識しましょう  48
   ストーリーを正確に伝えましょう  49
   ストーリーに信憑性を持たせましょう  51
   ストーリーをうまく終らせましょう  52
   4章の関連文献  54
   4章のまとめ  54

5章 UXプロセスにおけるストーリー  55
   UXは学際的な実践活動です  58
   ストーリーをUXデザインに活用するのは新しいアイデアではありません  58
   ストーリーは様々なUX活動の一部となります  61
   5章の関連文献  64
   5章のまとめ  65

6章 ストーリーを集める  67
   ベストストーリーはその場から生まれます  69
   ストーリーのソースは身近にあります  71
   ストーリーを聞きましょう  73
   グループにお互いのストーリーを話してもらいましょう  74
   記憶に残る出来事を探索します  76
   ストーリーを観察することができます  77
   ストーリーを集めるコツ  81
   ノートにストーリーを書きましょう  87
   6章の関連文献  91
   6章のまとめ  92

7章 ストーリーを選択する  93
   最初のオーディエンスはあなた自身です  94
   何をお探しですか?  96
   ストーリーを見つけましょう  97
   データの中からストーリーを見つけましょう  98
   ストーリーをペルソナに組み込みます  100
   7章のまとめ  104

8章 アイデアを生むストーリーの使い方  105
   ストーリーはデザインの課程で進化します  109
   新しいストーリーを生み出すブレインストーミング:生成的なストーリー  110
   ブレインストーミングヘルパー:ストーリーテリングゲーム  112
   ユーザリサーチのためのストーリーを作成する:生成的なストーリー(再び)  117
   ユーザリサーチをブレインストーミングに統合する  118
   ブレインストーミングからコンセプトに移る:表出的ストーリー  119
   デザインを文書化するストーリー:規範的ストーリー  122
   ブランドのためのストーリー  126
   8章の関連文献  127
   8章のまとめ  128

9章 ストーリーで評価する  129
   ユーザビリティタスクの作成にストーリーを利用します  130
   ユーザーストーリーを”即席”のユーザビリティタスクに変えます  131
   タスクをストーリーに置き換えます  132
   ユーザビリティテストのためのジャストインタイムなストーリー収集  132
   レビューにストーリーを活用します  133
   ユーザビリティテストの間にストーリーを収集します  134
   9章の関連文献  135
   9章のまとめ  136

10章 ストーリーを共有する  137
   心配しないで、誰もがストーリーテラー  138
   ストーリーはオーディエンスの頭の中で作られます  138
   オーディエンスのことを知るために耳を傾けてみましょう  139
   オーディエンスのタイプ  140
   10章の関連文献  151
   10章のまとめ  152

11章 ストーリーをクラフトする  153
   “クラフト”とはどういう意味ですか?  154
   ストーリーは練習で上達します  155
   時としてストーリーは役に立ちません  156
   ゴールについて注意を払いましょう  157
   11章のまとめ  158

12章 オーディエンスに配慮する  159
   オーディエンスとストーリーの関係  160
   ユーザリサーチから得た詳細情報がストーリーの基礎固めに役立ちます  164
   わかっていると思っていても、わかっていない?  165
   ミラーストーリーは私たち自身に関するストーリー  167
   あなたとオーディエンスの関係性  168
   あなたはオーディエンスとどれくらい似ているでしょうか?  169
   あなたとストーリーの関係はオーディエンスとストーリーの関係と同じですか?  170
   問題解決の糸口を見つけることができるでしょうか?  171
   オーディエンスをうまく導きましょう  172
   ストーリーを使って主張します  174
   オーディエンスを安全に元の世界に帰しましょう  177
   12章の関連文献  179
   12章のまとめ  180


13章 ストーリーの構成要素を組み合わせる  181
   視点  182
   キャラクター  190
   コンテクスト  195
   心的イメージ  201
   ストーリーの言葉づかい  203
   ストーリーの要素をまとめます  205
   13章のまとめ  206

14章 構造とプロットを作る  207
   ストーリー構造のパターン  208
   ストーリーはオーディエンス、作者、ストーリー自体を助けてくれます  210
   UXストーリーに役立つストーリー構造  212
   プロットを使います  227
   ストーリーの構造とプロットを選びます  233
   ストーリーは足し算ではありません  234
   14章の関連文献  234
   14章のまとめ  235

15章 ストーリーの伝え方  237
   オーラルストーリー  238
   文書のストーリー  249
   ビジュアルストーリー  253
   マルチメディア、ビデオ、またはアニメーションを使ったストーリー  260
   レポートにストーリー使います  263
   プレゼンテーションを彼らのストーリーにします  266
   ストーリーのメディアを選択します  273
   15章の関連文献  273
   15章のまとめ  274

16章 新しいことに挑戦する  275

索 引  283
著者紹介  286
訳者紹介  287

関連商品

定価:本体2,400円+税
在庫:お問い合わせください